蒼霧屋>Karz Side>Blog

紀ノ川モタツー その1~紅葉を求めて根來寺~ 

日曜の夜、天気予報を見ると雨予報だったのが晴れ、しかも暖かくなると出ている
コレは出かけるしかあるまいと、モタの最終チェックついでに
根來寺の紅葉を見に出かけることにした

が、翌朝は南大阪全域で霧が発生
8時前に出て参拝開始時間前に到着するつもりだったけど
別に多少遅れても良いかと霧が晴れるのを待って出発

が、エンジンがかかりゃしない
ちょっと乗らないとすぐコレだ
真冬装備は止めたけど、レザースタジャン着込んでのキック地獄で汗だくに……

で、またもGPSロガー忘れてしまった
前日忘れないようにテーブルの上に出しておいたのに
キーホルダー置き場に置いておかなきゃダメだな


旧通勤ルートで泉北一号-R170外環状-旧R170-つばさが丘経由で犬鳴越え
別段混むこともなく9時半過ぎに到着。
まだ駐車場もガラガラだった

まずは国宝の大塔へ
拝観料は500円
国宝・大塔
国宝・大塔 PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4

大師堂
大師堂 PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8

大傅法堂
大傅法堂 PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8

大塔と紅葉
PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4
紅葉
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8
紅葉はまだ色付き始めって感じ。
まだ早すぎだった
てか今年は綺麗に染まらないっぽいな

大塔から奥の院へ

ってなんか牛の首が……
生首?
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8
洒落でした
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8
語呂合わせは良いけどキショイよ……

しばし歩くと奥の院
奥の院
奥の院・興教大師廟所 PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8

奥の院への通りは墓所になって射るんだけど
天然の線香みたい
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8
塀や土台の苔に陽が当たって立ち上る水蒸気が香を焚いているようだった

戻って常光明真言殿へ
常光明真言殿
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8
常光明真言殿
常光明真言殿 PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8

大塔の拝観料でこちらにも入ることが出来る
本坊・日本庭園
本坊・日本庭園 PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4

光明殿を出て境内をぐるりと周る
聖大池
聖大池 PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4

鐘桜門
鐘桜門 PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4

一乗閣 PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4
一乗閣

一通り回って紅葉谷公園へ
紅葉谷公園
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8
紅葉谷公園
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8
むぅ。やっぱりまだ早かったか。

とりあえず何とか色付いていた分だけでもパシャパシャ
紅葉谷公園
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8
紅葉谷公園
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8
紅葉谷公園
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8
紅葉谷公園
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8
紅葉谷公園
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8

最後に不動堂へ
不動堂
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8

横にある金比羅宮で綺麗に染まった紅葉にようやく出会えた
金比羅宮
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8
金比羅宮
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8
金比羅宮
PENTAX K-7 + TAMRON A09 28-75mm F2.8

だんだん人が増えてきて酷い状態になってきたので退散
一路、紀ノ川を目指す


その2へ続く

寄り道ツー 

日曜日、仕事が前日に終わっていて確認に行くだけだったので
とっとと終わらせて10時頃事務所を出、そのまま近畿道・阪和道使って岸和田和泉ICへ
最初は摂津峡付近行こうかと思ったけど地図も無いんで止めといた

最近走りまくりな、いつものコースを周回

が、なんかウォークラリーやってたのでグル珍するわけにもいかず撤収
いつもの自販機
いつもの自販機で小休止

あとは旧R170から泉州東部農道を通り、R480-泉北1号で帰宅
帰り着いたのが12時過ぎ
実質1時間程度の良い気晴らしになった

XR125モタ試走ツー 

オイルシャワーを封印してご近所ツー

寒波が来ていたがフル冬装備にはちと早いと判断し
秋装備+αで出撃。
そして撃沈。
冬装備-αが妥当だった……

とりあえず、米粉パンを食いに道の駅・いずみ山愛の里へ
ここまで走ってオイル漏れ無し。やっぱり犯人はオイルシャワーだった。
ワッシャー類発注してるから新品で組み直すか。

で、パンと野菜買い込んで山手をウロウロ
さすがにまだ紅葉には早いか。
たわわ付近
たわわ付近も真っ黄色になるんだけどまだ全然。
永楽ダムまで行ってどーもスロー域が薄いようなので調整
1+3/4戻しでドンピシャっぽいので山手を戻ることに

新しい農道付近はミカンがいっぱいなってました
新しい農道で
農道未通部分で
農道未通部分で
ま、紅葉ってよりは実りの秋ってことで。
ミカンの直売もやってたけど、家にいっぱいあるのでパス

で、上の写真撮ってたら再始動しなくなった
どーも軽くカブったっぽい。少し濃かった?2回転戻しくらいで良かったかな?

いいかげん寒くて凍えそうなので帰宅
みずき台にて
みずき台にて
帰り道で多少色付いているところがあったので立ち寄ってみた
平地は1・2週間後かな?

まだガソリン残ってたけど、かるーくノッキング出てるのでハイオク追加
コレでタンク内はほぼハイオクになったはず
燃費は予想通り上がってるっぽい
だいたいこのコースだと44km/L程度なのに47km/L超えてきた

帰宅後最初のオイル交換
今回はバカやって飛ばしたネジのカスが出てくるのは分かっていたので次が注意だな
次も出るようだと一度分解して状態確認しなきゃならん


こんだけ冷えてくるとCBにグリップヒーター付けなきゃなぁ……

連休最後に散歩ツー 

ボアアップ作業が頓挫してしまったので
最終日はCBでお出かけ
とは言っても連休で渋滞が恐ろしいので
早朝にいつものコースを回ってきた

今回、GPSロガー忘れたのでログがないです
写真は荷物になるのがイヤだったのでGX200のみ

南河内グリーンロード
R309からPL教団の丘を抜け、南阪奈道高架下を抜けて
チョーヤ梅酒本社の前を通って南河内グリーンロードへ

朝早いのに農園や直売所はもう営業してた

早朝のグリーンロード

道の駅 近つ飛鳥の里太子で小休止
さすがにここは開店準備中だった

更にグリーンロードを繋いでR309を目指す
2輪通行止め区間があるので平石の交差点からr27に出るのが常套手段だが
あえて大阪府道200号上河内富田林線へ
彼岸花が綺麗な田んぼ
すぐに半分がコンクリ舗装の集落に突っ込み、路面状況は一気に悪化する
車一台ギリギリ通れるかくらいの極狭路、しかも最後はCBの2速でも足りない急坂

地図で近道だとか思って入ると泣くよ

R309は新道で奈良に抜けて旧道でUターンという小僧コースを
R309水越峠旧道
R309水越峠旧道
水越峠を抜ける旧道は走りにくいほどではない峠道
今でも水汲みの人や登山客、四輪小僧が毎日訪れるので
路面が苔や雑草で覆われたりはしていない

ほどなく水汲み場でもある祈りの滝に到着
祈りの滝
祈りの滝
祈りの滝
誰も居なかったので久しぶりに写真を撮れた
まぁ、ここの水は湧き水と名乗っているがただの井戸水なので……
ボーリングしてもポンプで強制汲み上げしてないから湧き水なのか?

前述の通り、この辺は四輪小僧の遊び場なので路面がすごいことになっている
サーキットかここは
サーキットかここは
昔はそうでもなかったけど数年前からドリばっかになったかららしい

峠へは結構標高を上げることになる
水越峠へ
峠の標高は約530m
新道は半ループで300mまで、そこから長いトンネルで
大阪側の合流点標高400m付近に抜けるわけだから100m近い標高差がある
水越峠へ
単純に標高で言えば更に南の千早峠(R310)や蔵王・鍋谷の方が高いが
短距離で標高を稼ぐのでえらく登っている気分になる

ちなみに峠はダイヤモンドトレールと交差するため登山者の路駐が多い
しかも、休日はこんなところにバスが来る
大阪側は緩やかだけどさぁ……使う人、いるんだろうなぁ

R309を往復し、更にグリーンロードを繋いでR310へ
で、間違えて千早峠に向かってしまったのでそのまま登る
この辺から走る方を楽しみだして写真激減

千早峠ちょっと下って五條の街を見下ろす
まぁ、千早峠っつっても本来の千早峠は神福山挟んで反対側なんですが。
金剛山周辺の林道は結構広い未舗装or簡易舗装林道なんだけど
何があったか知らないが巨大なゲートが二重にあって完全進入禁止になってる

金剛山トンネル抜けたところでUターン
更にグリーンロードでR371へ抜けて外環へ
道の駅 いずみ山愛の里でようやく朝食

米粉パン
クルミパンがまだ出てなかった……orz
クロワッサンは失敗だ。米粉でコレ作るもんじゃねぇ。モチモチしすぎ。
ピザパンは野菜いっぱいで美味しかったですよ

ついでに野菜を買い込んでシートバックいっぱいに詰め込む

少し戻って旧R170に入り槙尾山へ向かい、泉州東部農道(?)の和泉市区間へ
相変わらず誰も走ってない快走路
これが全部繋がるとR170バイパスにもなるんだが……いらねぇわな。

R480合流点から府道226に入り、そこから府道40に抜ける山道を捜したのだが分からず
一旦旧R170に出て府道40を登り、農道の岸和田区間へ
射撃場の前を通り府道39へ抜ける道
岸和田市はこれ以上やらないって言ってるから和泉市区間との連結はないんだろうなぁ

そしていつものOMC
2輪通行禁止区間手前から農道の貝塚区間へ
たわわまで一気に下ってUターン、そして一気に登る

後は来た道を引き返す
逆側から分からなかったr40-r226間の山道を捜して発見し通過
やっぱすごい時間短縮になるわ。めちゃめちゃ狭かったけど。

そして往路で気づいていた場所で停車
90923_15.jpg
90923_16.jpg
なんだこれは。

なんか、板金屋の宣伝みたいだったけど何でまたこんなところに……
ぶっちゃけ、道路以外何もないところなのに。


農道を走り終えて外環に出たらR480と泉北一号で帰宅
朝7時に出て11時過ぎに帰宅
暑くなる前に十分楽しめたわぁ


総走行距離:170km
概算燃費:20km/L

加太プチツー 

GX200をポケットに突っ込み、モタで出発

とりあえず泉大津の港湾地区を目指して出発
旧フェリー乗り場付近から泉大津大橋
旧フェリー乗り場から阪九フェリー
いまいち使い方がわからんのですべてオートで撮影
どーも思った位置にピンが行かなくてカリッとした画にならない
あと、晴天だとAWBがバカっぽいような……RAW撮りしてるから良いけど。

コンビニでパン買って汐見埠頭で昼食
沖の埋め立てやってるせいか知らないけど釣り人がいなくなってる
とりあえずパン食べながら海沿いに加太まで下ろうと決めた

まずは少し進んで岸和田貯木場
岸和田貯木場
ここまでくると釣り人がチラホラ
俺も折れた釣り竿新調して釣り再開しようかなぁ

さらに進んで二色浜の埋め立て地へ
なんか風邪ひいてるみたいだった
二色浜海浜緑地
ここまで来るといっぱい居るなぁ
釣り専用機と化したなんかすんげーカブの爺様に遭遇
ゴテゴテしすぎてて遠目にはGLに見えた

二色浜海浜緑地
二色浜海浜緑地
二色浜海浜緑地
で、埋め立て地に広がる二色浜海浜緑地
まーた砂利の海岸なんか作ってるし……

少し進んで泉佐野漁港
泉佐野漁港
泉佐野漁港
泉佐野漁港
SHADOWでもだったけど、CBでコレやる勇気ないのよね

マーブルビーチ

ここから一気に加太を目指す
まぁ、R26バイパス使えないんでr63→r250(軒先険道)でR26に出たりして


岬町に入って
軽トラに
煽られた

つか、FITの慣らしの時も岬町で軽トラに煽られたんだが。
別に遅い速度じゃないし、前詰まってるし、変なことやってないし。
まぁ、原二の機動性活かしてブッちぎって終わったけど

道の駅 とっとパーク小島
道の駅 とっとパーク小島でトイレ休憩
ここは関空埋め立て地に使われていた土砂搬出デッキを海釣り公園に改造した場所
平日の昼間なのに駐車場はほぼ満車。
もう少し先にあったヤツも筏に改造されてるし。有効利用するのは好感。
中では地産の鯛や蛸、鰺なんかが生きたまま売ってた

ついでにどーもアイドリング中にエンストするのでスクリュー調整
が、キャブセッティングじゃないっぽいんだよなぁ
上がちょい濃いめだからカブってんのかなと思ったけどそんなこともないし
夏場になると起こるからキャブかと思ってたんだけど……これはプラグかな?
焼け色は非常に良い感じではあるけど、番手上げてみて様子見てみるか。

妙に冷える大川トンネルを抜け加太へ
何もかもスルーして田倉崎へ
加太・田倉崎
加太・田倉崎

その後、加太漁港をウロウロ
加太漁港

時間があれば加太要塞でも見に行こうかと思ったけど
そこまで余裕なかったのでこのまま帰路へ

もう泳いでる人居たよ……
加太

ただR26で帰るのもつまらない上にしんどいので
いつもの散歩コースへ
いつもの休憩所
いつものコース脇にて
いつものコース脇にて
疲れてたのでマッタリと。

この後、道の駅 いずみ山愛の里で野菜を購入
ついでに一個だけ売れ残っていた米粉パンを購入

あとはまっすぐ帰るだけ……で、なーんか道間違えてすんげー遠回りしてしまった


さて、一日GX200使っての感想
・レンズキャップは自動開閉式じゃないと使えん。外すの忘れる。
・とりあえず、使い方を覚えよう
というわけで、オートで何も考えず、だと少し微妙かも
AFターゲットの移動とかもできるみたいなんで要勉強ですな

散歩がてらに花見ツー 

天気も良いし家にいてもやること無いのでCBでお出かけ
まぁ、旧ツーキングコースとか裏金剛とかいつものコースなんだけど

泉北一号で岸和田和泉IC前を通過し、阪和道の側道で外環
旧R170に入って塔原-蕎原-たわわ-永楽ダムと毎度のルートを

永楽ダム
永楽ダムへ

花見シーズンで一通規制やっているかと思いきや何もやってなかった
まぁ、案の定離合できないヘタクソが道塞いでたけど

永楽ダム

超鈍足行でダム一周
塔原や蕎原でも葉桜だったけどここも散り際
平日だってのに駐車場は満車で停められやしない

なのでダム周辺の一番良いところは諦めて次へ

永楽ダム
と、少し行ってUターン。トイレトイレ。

阪和道高架の盛大な落書きが全て消されていた
もう何年も放置されて次第にグレードアップしていたのにいったい何が……

逆ルートでたわわ-蕎原-塔原と回って一旦外環へ
阪和道高架をくぐったところで再度旧R170からr226を通りR480へ

ここからR480を降るつもりだったら、元T字路だった部分に橋が架かって
なんか新しい道が出来ていたので、そのまま真っ直ぐ走ってみた
この道、上の地図にもまだ載ってないッス。

たぶん広域農道?
元々和泉山脈沿いに滝畑から泉南のr63まで繋げる予定だった道路の名残?
名残っつーか足並み揃ってないだけだけど
岸和田市はあの射撃場前の道路以外やる気無いんじゃ?
まぁ、相川から蕎原に直接抜けるのは無理だわなぁ
ゴルフ場があるし、ホタルで人集めてる場所でもあるし。

無駄に走りやすい道路はR480とr228の間だけが共用されていた
さらにr61で工事している農道と連結されるのかな?
更に関西サイクルスポーツの南側を掠めてr216のあの広い道路に連結……
俺みたいなのしか喜ばないんじゃ……R371バイパスに繋がるなら話は別だけど……
とにかく、現状ではr228で終わるのでちょっと困る
何しろこの道も狭い癖に槙尾山に向かうバスとか多くて……
バイクでもあんまり入りたくないんだよなぁ

一旦外環に戻り、グリーンロードでR310へ
裏金剛を抜けて先のヘアピンでUターン。高野山方面はガスってて何も見えなかった
で、R310から金剛山に抜けるr214

二輪通行禁止の道路なんだけど……R310側の標識が無くなってる……
前はデカデカと2輪はダメ!て書いてたと思うんだけどなぁ……

逆に行けば分かるかと、グリーンロードに戻って一旦道の駅千早赤阪へ
トイレ休憩の後、金剛山ロープウェイを目指す
結局、r705側にはしっかり二輪禁止の標識があった
R310側は見落としたんかなぁ?こんなとこの規制が解除されるとは思えないけど。

ガソリンも切れてきたのでR309で帰宅

冬装備用のレバー&ペダル位置のまんまだったので妙に疲れた
もうグリップヒーターは要らんな……つか、春通り越して初夏の装備だったし。
冬装備で走ってた人居たけど暑かったろうなぁ


総走行距離:165km
概算燃費:24km/L

アレ?このコースの割に意外と燃費良かったなぁ

結局ご近所ツー 

連休だしどっかに行こうと思ってたけど
土曜はうちのひとの所用で潰れ(つか雪降りそうだったし)
グリップヒーター動かない状態で遠出も出来ないので断念

で、今朝起きたら無駄に天気良くて予報ほど寒くもなかったので我慢できず出撃

牛滝
※今回もコンデジ忘れてて携帯カメラッス

まずは牛滝をいよやかの郷まで

予想通り大威徳寺は渋滞で入れず
つか、もう終わってるだろうけど。

下って射撃場を抜けていつもの周回路へ

いつもの周回路
たわわの少し上が見事に色づいてた
先週来たときはここまで色変わってなかったのにな

いつもの自販機でコーヒーブレイク
凍える体に缶コーヒーが染み渡る

軽くグル珍して外環→R371→グリーンロードでR310へ

最初はそのままグリーンロードを走るつもりだったけど
ワンパターンすぎるのでそのまま登って裏金剛へ

トンネル抜けたらビックリした

R310から八経ヶ岳を望む
八経ヶ岳までよく見えるっつーか雪化粧してるし。
アップ
あーもー。何でカメラ忘れてるんだよ。

R310
R310下っても仕方ないのでUターン

グリーンロードに戻って走るもいいかげん寒くなってきたのでR309で帰宅
グリップヒーターさえ正常に動いてくれればなぁ
いっそスイッチ外して直結するか?

ご近所紅葉ツー 

風が強い予報だったので遠出する気になれず
家でgdgdやるつもりだったんだけど、妙に良い天気だったので我慢できず出撃

旧ツーキングコースをぐるぐる
自販機で缶コーヒー中
この近辺の紅葉ポイントは2輪で入れないのよね
※今回、そんなつもりじゃなかったので携帯カメラです

このまま帰るのもつまらない
でも大威徳寺は混んでるだろうし……というわけで春木川町の紅葉でも見に行くことに

射撃場前を通ってr40から一度旧R170へ
旧R170からr226で春木川町の花菜おに工房前を通る道へ

春木川町
春木川町
もうちょっと良い場所有るんだけど停められる場所じゃないのよね

落ち葉が多くて路面が濡れていてちょっと怖かった
でも丁度陽が差して綺麗
携帯カメラじゃ飛ぶだけだが。


やっぱりグリップヒーターは変だ
もう一回調べてダメだったらコントローラー死亡?
まだワンシーズンしか使ってないのに……

滝畑&グリーンロードプチツー 

土曜日の仕事で体力を消耗したのに加えて
その夜にインアンクリアするのに時間を費やして寝るのが遅くなり
体力的にしんどいのでロング止めてプチツーに変更

前回の林道ツーで行けなかった舗装林道へ出かけることに
旧R170善正町交差点
滝畑に行くなら腐道61を走らにゃ損損

途中、子供達が引っ張ってるだんじりを追い越したんだが……
アレ、どこまで登る気だったんだ?
どう考えてもダート区間は無理だろ

で、そのダート区間に到着
主要放置道・大阪腐道61号堺かつらぎ線ダート区間入口
何故かダートのまま放置されてる区間
たぶん砕石トラックが走るからだろうけど
二桁県道なので知らずに通る四輪多いんだよね……
俺も最初アコードで突っ込んだ時そうだったし。

二日前の雨が結構残っていて轍が全て深い水たまり。
いきなりドロドロになるモタ。
そして楽しくてノンストップで走り抜ける俺。
今回は途中の写真を撮るつもりだったのに……ダメだな。
ちなみに、滝畑に曲がるところで迷ってたオッサンセダン(トヨタ)が
俺が追いつくなりそのまま林道方向へ登っていってしまった
あの先行ったこと無いけどUターンできるのか?

塩降トンネルを抜けて滝畑ダムへ
夕月橋を渡って前回パスした林道本谷横谷線へ入る
林道本谷横谷線-林道加賀田滝畑線と繋いで岩湧寺へ繋がる1車線林道
アスファルトとコンクリの混合で全線舗装されており
コンクリ舗装の所もなかなか上等の舗装で走りやすい
ただ、全線狭隘道路の上に岩湧山への登山者の四輪が結構な数通るので厄介
入ってすぐに幽霊トンネルで有名な梨の木トンネルが待ち構えてたりもする

この林道、府内で山岳林道風味が味わえるので気に入っている
あくまで風味だけど、奈良南部の登山道に通じる林道みたいな雰囲気がある
林道加賀田滝畑線
林道加賀田滝畑線より
こんな景色も見れたりする

ちなみに、この写真撮ってる時にオッサンセダン(日産)が先に行ったんだけど
どういうわけかこのセダンに結局追いつけなかった
いくら非力なモタとはいえ小柄で何の苦もなく林道を快走できるのに対して
四輪では幅いっぱい……よっぽどドラテクが上手かったのか……それとも……

岩湧寺からは林道岩湧線となる
ここからは1.5車線の上等な道
そのままr221に入るがぶっちゃけr221の方が狭い気がする
続いてr221から分岐する林道流谷線へ
この林道は天見駅までの集落を繋ぐ林道のため比較的路面も綺麗で走りやすい
30km/h以下でノタノタ走るのが心地よい山間の農村を抜ける田舎道
林道流谷線・通称かたつむりトンネル
r221から↑この通称:かたつむりトンネルまでは杉林を抜けるため苔生してるけど。

天見に出てからは南河内グリーンロードへ
道の駅:近つ飛鳥の里 太子
例によって道の駅太子で小休止&農産物を買って全線走破

ここからいつもと変更で石川沿いを富田林まで上ってみた
途中、堤防沿いを走るダートがあったりして堪能


問題はここからだった

素直にR309で帰ればいいものを泉北一号目指して狭山へ向かってしまったのだ
そしてだんじり渋滞にはまって身動きが取れなくなってしまった
……ていうか……アレ……ナニ?


抜けるのに30分以上浪費してしまった
おかげで帰り着いたらもうF1始まってるし。
スタート直後のゴタゴタ見れなかったよ……

和泉山脈林道モタモタツー<後編>  

~あらすじ~
ダート三昧のつもりが最初の林道でヘタレて藪こぎ林道を回避
次のダートも忘れていつも通り峠攻めを楽しむ有様
で、桃はまだか?


葛城山頂から蜜柑畑を抜ける林道重谷線を下る
途中でR480鍋谷峠へ抜ける林道があるのだが……どれだ?
それらしき入り口に確証が持てなかったのでパス
重谷林道はそのまま廃道状態のダート区間に入るがコレはもちろんパス
この時期に藪こぎはイヤじゃ。

そのままr127に入り、紀ノ川広域農道まで下り
続いてはR480を鍋谷峠へ登る
途中、こちらの不注意で二度ヤバイ目にあった
ごめんなさい>地元のおばちゃんカー
鍋谷峠
車だと狭いのに神経使うが、モタだと登りが辛くて
如何に減速せず安全に登るかで神経使う
一度失速すると1速全開にしないと登らないんだもん
やっぱストロークアップのトルクが欲しい……

登ってくる途中で葛城に抜けるであろう林道の入り口発見
次はこっち側からアタックしよう……向こうからじゃわからんわ。

鍋谷からは三国山を目指す
ここに来るのは数年前SHADOWで串柿の美しい景色を巡り
神野辺りで全裸M字開脚のねーちゃん(ただの撮影会)に出くわして以来
しっかし、レーダーのとこの空き地には相変わらず軽バンが……
アレ、いつも止まってるのか?

登山道になる行き止まりまで行ってUターン
七越峠から東谷へ下る林道に突入!
七越峠から下る林道
半分くらいダート……っつか、舗装死にかけでアレもダートみたいなもんか。
以前SHADOWでも余裕で突破できたので勢いよく突入したのだが
やっぱ滑るよこのタイヤ!何でSHADOWよりしんどいんだよ!!
しかも、前日の雨で泥濘・水溜まりも発生。
ズルズル滑りながら低速で進んでると……プスン。
下り坂から登り坂になるところでエンストしやがった!
しかも、いくらキックしてもかかる気配無し。登り坂だから押しがけも無理。

以降蹴り続けること約10分……何とか再始動した……

この林道を出たところでr61蔵王峠で直接抜ける林道に分岐するのだが
キックの嵐で力を使い果たし、気力もなくコンクリ路をそのまま直進
串柿の生産が盛んな集落を抜け、堀越観音へ向かう
東谷から堀越観音へ
……この写真撮った直後にまたエンスト。
パイロット領域のセッティングが狂いまくっとる。

普通に生活道路の1~1.5車線道路。
多くはないけどそれなりに四輪が走っている
昔全裸のねーちゃんを目撃した集落を望む
ここから先ほど分岐した林道との合流までは
ダラダラとした良くもないが悪い程でもないコンクリ路
合流からは多少道が良くなって腐道61堺かつらぎ線に合流する

蔵王峠から下り、本日の主目的である桃を買いに行く
蔵王峠を下った柿畑
悪名高い腐道61だが、和歌山側は一部狭路があるだけでそれほど悪辣ではない
ここの景色は最高
むしろ紀ノ川流域を見下ろす絶景ポイントだったりする
で、まーたエンスト。あきらめてここでアイドルアップで対処。
どーにもプラグがカブり気味。アイドルでカブるからパイロットで間違いないだろう。

紀ノ川広域農道まで下り、西へ数km
目的地の「はちくまカントリー」に到着
ここは野菜や果物の直売が安いのですよ。
特に果物のB品はお買い得。
この日も傷物ってだけで中型の清水白桃が4個350円ですよ。
タマネギなんて中型5個入り100円。小振りだけど巨峰がなんと200円!
この巨峰は昼飯代わりにその場で戴きました
ついでに実家に贈る贈答用の桃も購入→発送
コレで盆帰省の土産考えなくて良い

巨峰を堪能した後は再度蔵王峠へ
蔵王峠
しばらく崩落で通行できなかった腐道61堺かつらぎ線へ
まぁ、名だたる腐道もモタだと楽勝過ぎ。
河原でバーベキューしてる連中羨ましすぎ。
……てゆか指定場所でやれよ……

ウリウリっ!と滝畑ダムへ抜け、あえて塩降隧道を通って腐道61のメインディッシュ
主要地方道の癖にフルダートの区間へ突入
ここ、フラットダートでたいしたこと無いんだけど
ダンプが頻繁に出入りしてるから非常に神経を使う。
おまけにギャラリー(単に散策してるねーちゃん×3)まで居てドリフトしながら下る始末
調子に乗りすぎてデカイ水溜まりに吶喊!
……ここまでそんなに汚れなかったのに酷いことになってしまった……
運の良いことに、ダンプとは舗装区間まで対向することなく進めた

腐道61から外環状R170を西進
新しくできた道の駅「いずみ山愛の里」を覗いてみることにする
道の駅 いずみ山愛の里
う~ん。無駄に立派な。
道の駅とは言っても大半は交流センター的な施設
直売所はここもかなり安かった
問題は、出口が泉佐野側にしか行けない上に
その先でまともにターンできる場所が皆無なこと
もうちょっと考えた方が良いぞ、コレ。

で、仕方なくR170を西進し松尾山農道なる農道へ入ってみる
ここはなかなかに堪能できそうなコーナーの連続する農道
今回はすこぶる鈍くさい四輪が前にいたし桃積んでたので大人しく走ったけど。
途中に和泉リサイクル環境公園なるものもあった
うーむ。この辺は知り尽くしてるつもりだったのにこんな良い道があったとは。

R480に合流してからは光明池から泉北一号へ
なんとかこの後の猛烈な豪雨を食らうこともなく無事に帰還することが出来た
今回は夕方から甲子園で母校の試合(結局雨でノーゲームの翌日ボロ負け)があったので
それを見るために早々に帰還したが、今回入り口が判明した林道がいくつかある
次回はマシなタイヤに履き替えてチャレンジしたいなぁ


ちなみに、桃は非常に美味しゅうございました。



総走行距離:約200km