蒼霧屋>Karz Side>Blog

宮島・呉ツーリング その1<宮島編> 

約一年ぶりの一泊ツーリング

目指すは広島、厳島神社

帰宅後、CBにこれまた買って以来お蔵入り状態だった
ラフ&ロードのロングツアラーバッグ60を括り付け
積み込む荷物を玄関先にスタンバイして早めに就寝

高速代をケチるためにAM3:00時から出撃するべく準備は万端だったのに

その荷物を積み込む間、キーをONにしっぱなしだったが為に
出発前からバッテリーが上がった

押しがけとかバッテリーチャージャーとか試して
結局、FITを横付けしてブースターケーブルで連結して始動。
コレでバタバタやって出発できたのがAM3:50。深夜割引終了。

そこでプランを変更。
阪和道→近畿道→名神→山陽道の予定だったのを
阪神高速→第二神明→R2バイパス→龍野西から山陽道のケチケチルートに変更

堺線を目指す途中でいきなり水分補給。
つかマジ暑い。何たる熱帯夜。フルメッシュなのに死ねる。
早朝ライディングの為に用意していたタイチの防風ジャケットを着込んでたけど
問答無用でクロスアウッ!!(以後着る事は無かった)

AM4:07に堺線に入り、環状線-神戸線でひたすら西進
第二神明の垂水PAで一時休止。ミニストップで朝食を摂る。
我慢できなかったのか(つか我慢してたのかよ……)
ここで相方も防風ジャケットを結局脱いだ。……このサウナスーツどうしよ。

R2バイパスから龍野西ICへ
本線合流で互いに死角に入ってたトラックと側面衝突しそうになり
一気に目が覚めた(トラックは最後まで気づかなかった模様)

あとは延々と山陽道をひた走る
途中、小谷SAで給油。思ったほど燃費が伸びてない。
結局寝不足が祟ったのか、SA毎に休憩する始末で廿日市ICを降りたのがAM9:25
合計で約5時間20分。ずーっと100km/h弱で走ってたことを考えると休憩しすぎ。
三十路に入って体力ガタ落ちしてる希ガス

廿日市ICから宮島へのフェリー乗り場は僅かな距離
なんかバイクで渡っても使えないって話を聞いていたので駐車場へ
邪魔なジャケットやプロテクターをロッカーに入れようと
ロッカーの場所を駐車場のおばちゃんに聞いたら休憩小屋に置かせてくれた

駐車料金は二輪車500円。ちなみにフェリーに乗せると750未満は290円。
島内はフラットとはいえ未舗装路も多く道も入組んでる上に狭いので
確かに使い物にはならないけど……金額面で言うなら渡した方がお得。
島側にはそもそも駐車場って概念が(ry
オフ車・原付なら渡した方がお得な上に超便利。

フェリーで宮島へ
フェリー乗船時間は10分ほど

少し遅れたとはいえAM10:00、人の数は疎ら。
まずは一直線厳島神社へ向かう
鹿がいっぱい(奈良や大台ほどじゃないが)
そして相方が鹿に襲われる
「なんかちょ~だい」って感じにバッグをもしゃもしゃされてた

梅雨明けの日差しが痛い海岸沿いを歩くこと数分
干潟に建つ巨大な鳥居が姿を現す
厳島神社 大鳥居
まずは社殿へ。拝観料大人300円。
高舞台・平舞台
平舞台から高舞台・本殿
あえて引き潮のタイミング出来たけど失敗だな
鳥居に接近は出来るけど・・・
海に浮かぶ社殿と鳥居ってのが真の姿だわ。やっぱ。

一通り社殿を回って、西松原から干潟に降りる
大鳥居から社殿
大鳥居
まぁ、干潮だからこそ見られる物もあるわけですが。
つか、なんつぅでけぇ柱(と言うか大木そのもの)だ!
コレ、ホント九代目はどうするつもりなんだろ。

厳島神社を出て一路山登りへ
事前情報ゼロでロープウェーあるから行ってみようと歩いていってしまった
地味にキツイ遊歩道を歩くこと約20分。ようやくロープウェー乗り場に到着。
大人往復1800円。高ぇっ!!
しかし歩いてきてしまったのは仕方ないので乗ることに。
二種類のロープウェーを乗り継いで山頂へ向かうわけだけど
二度目のヤツがなかなか出発してくれなくてサウナ状態。
素直に外で待ってれば良かった

そして登ってきたのにやっぱりクソ暑い獅子岩に到着
獅子岩より江田島方面
翌日走る予定の江田島が眼前に。

で、後ろを振り返ると……

獅子岩より弥山
……えーと。アレ登るの?

しかし3600円も出して登ってきたんだし、このまま引き返すのは癪。
しかも貰ったパンフに「日本三景の一の真価は頂上の眺め」とか書いてるし。
幸い水筒持参してるし宿もチェックイン時間融通効くので登ることに。

猿やら鹿やらがうろつく道を300m下って700m登る
普通に考えたら楽勝な遊歩道なんだが
なにせ朝3時起きで高速ぶっ通しで来ている身。
弥山本堂に着いた頃には完全にバテきっておりました
弥山本堂
お堂の中で休憩。
井戸水だかの汲み上げポンプの音が不気味。

霊火堂・消えずの火
向かいにある霊火堂。
消えずの火があるって、種火状態で護摩焚きの煙が物凄い状態
釜の湯を戴くどころの状態ではなく退散

休憩後は大日堂側から展望台に向かう
大蛇出現
干満岩
木の根に割られた岩
道中、ボチボチと奇岩が姿を現す

そして山頂に到着
……って
弥山山頂・神の磐座石
何じゃこの岩は!
どうやったらこういう姿になったのか……

3階建ての展望台を登ると瀬戸内の島々を見渡せる
弥山山頂展望台より・江田島方面
弥山山頂展望台より・宮島中心街を見下ろす
イヤ、この眺めは来る価値あるわ。
ちなみに、麓にも多かったけど山登りは大半が外国人観光客だった
そして何故みんな上半身裸なのデスカ……イヤ、確かに暑いけど。

山頂にも鹿が居ます
ちなみに山頂にも鹿が。物欲しそうにこっち見んな。

山頂から岩の間を通って三鬼堂側から下る
くぐり岩
すぐにこのくぐり岩をくぐることに。
まったく、ここの岩と来たら誰かが意図的に積んだんじゃねぇかって思えるわ

弥山本堂で再度休憩を取り、獅子岩駅へ戻る
今度は下りばっかなので比較的楽勝

駅周辺は猿でいっぱいになってた
猿と鹿
謎のアイコンタクトの後、鹿の毛繕いを始める猿

エアコンの効いた駅舎内で次の便の出発を待ち下山
無料バスはタッチの差で間に合わずまた遊歩道をてくてく降りる羽目に

謎の大杓文子
商店街でお土産のもみじ饅頭を買い込み
山登りでスッカラカンの腹を満たすため揚げもみじの紅葉堂へ

揚げもみじ
私はこしあんとクリーム、相方はこしあんとチーズ
ゲテ食いチャレンジのつもりだったけどコレが美味い!
もみじ饅頭のチーズは認められない男なので帰りにこしあんを追加。
満足。

弥山登山で時間を浪費してしまったので宮島観光はコレで打ち切り
全然回れてないので今度は泊まりで来たいかも。満潮の厳島神社も見たいし。
日本三景も残すは陸奥の松島……ってこりゃ遠いからなぁ……

フェリーで宮島口へ戻り、R2で一路広島へ向かう


その2<広島・呉の夜編>へ続く
関連記事
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

はじめまして。バイク、スクーターファンのため、コミュニティーサイトです。一度遊びに来てください。よろしくお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluefog.blog46.fc2.com/tb.php/824-bea12d6a