蒼霧屋>Karz Side>Blog

盆栽その2 封印解除……と、Gクラのバカ。 

封印されまくってる吸排気系を解放してあげます

とはいえ、キャブはまだ替える気ないし、エアクリも純正で行くので
XR100モタードとCRF100の吸気口
XR100モタードとCRF100の吸気口(裏)
オーソドックスに吸気口をCRF100Fのものに変更。
見ての通り面積が段違い。
ちなみにSHADOW400のもXR100モタ同様2/3くらい塞がれてます

そのまま交換しても配線類が吸気口を塞いでしまうので
配線を若干移動
↑のように配線を吸気口の上部へ移設。
ちなみに左に見えてるのが武川のメーターに付いてた水温計アダプタ
吸気温度計にするためここに付けてみた
後でボックス加工して縫いつけてやってもイイかも。

無論、吸気口広げても例のアレが邪魔してるのでアレ外します
邪魔者よさようなら
純正インシュレーターとポッシュのパワーブースター
吸気口広げるのに合わせてマフラーも交換しちゃうのでキャブ調整。
メインジェットを#85、ジェットニードルを4段目に。
エアスクリューの調整はとりあえず2.25のまま。

で、マフラー替える前にG'craftのバックステップ付けようとしたんだけど


結論から言うと挫折しました


つかよぉ。
部品足りてねーじゃんよGクラフトさんよぉ。
足りなかったのはスタンドステー用のボルト。
つか、このスタンド側の説明が取説見ても一切無い。
しかも純正キック使えるってコレ使えるうちに入ってねーよ!!
こんな角度で蹴れるかっつの。


そんなわけで問題が噴出したので元に戻しました。
スタンドはボルト買ってくればいいとしてキックはどーすんべ。
まずはNチビのキックで様子見てみっか。
だめならステップを可倒式にしてしまうか……


で、日も暮れてきたので慌ててマフラー取付
ヨシムラ チタンサイクロン S-SPEC
ヨシムラ チタンサイクロン S-SPEC
なかなかどーしてダウンマフラーもカクイイじゃないの。
音は……ちょっとうるさくねーか?
90dBなんて余裕で越えてる気がするんだが。


さっそく実走テスト
走り出し直後に低回転のトルクがモリモリになってることに感動。
60km/h位まではよどみなく加速するようになった
幹線道路でも今までのように端っこを申し訳なく走る必要性無くなって
ガンガンすり抜け・追い越しかけられる。
ただ、高回転がどーにももたつく。
やっぱ燃調濃いのかなぁ
なんかキャブの限界のような気がしなくもないけど
関連記事
スポンサーサイト

コメント

単気筒だし測定音量よりうるさく感じるかもね
ちっこいバイクだと排気口と耳の距離が近いってのもあるし
それにしてもなんつぅ吸気制限・・・

セッティングはまだまだ慣らし中なんだし濃い目で良いと思う

そんなレベルじゃないんだけど。
もろ珍走仕様。
やっぱ無理矢理にでも50のマフラー付けるべきだったかも。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluefog.blog46.fc2.com/tb.php/389-3294a73a