蒼霧屋>Karz Side>Blog

グリップヒーター装着 

今日は久々に休み取れたので昼から整備デー

作業中

メニュー
・作業途中で中断していたグリップヒーター取り付け
・オイル交換
・空気圧調整

まずはオイル抜きながら純正グリップ取り外し
苦戦するも55-6使ったら一発で取れた
ゴムや樹脂の部分だから使いたくなかったんだけどね

そのままグリップ取り付け
って、スロットル側がスッカスカなんですけどー
しかも長さが足りなくて隙間が空いてしまう
隙間
おまけに配線が短くてカプラが外に出てしまう
一応ビニルテープ巻いて防水としたけど。
やはり素直に純正品買うべきだったか……

電源側は予定通りカプラ出しされてた部分へ接続
しかし、これがキーオフでも通電されてやがる。
気をつけないとバッテリー上げかねないなこりゃ。

1時間置いても固まらないボンドに難儀
一日置いても固定できなかったら店に頼むか。
不格好なグリップヒーター
それにしても隙間が不細工だー

オイル入れて試運転……って、全然暖かくならない
電圧計ってみたら電気来てない。
追いかけると元のヒューズが飛んでた
オドメーターのバックライトにしか行ってないのに何故。

結局グリップの固定に苦戦したせいで終わったの17時。
それから空気圧が0.5kg/c㎡切ってたので調整
つか0.5kg/c㎡て。

テスタ出したついでに車のバッテリー計ってみたら13Vある……
まだ全然いけそうだぞこのバッテリー。
気安め
一応、こんなの気安めで買ってしまったんだが……
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluefog.blog46.fc2.com/tb.php/349-96bd5d60