蒼霧屋>Karz Side>Blog

早朝整備 

マフラー戻してから前バンクからの排気漏れが酷いので調査すべく
あさ5時から整備モード

原因は再利用したガスケットか、綺麗に取り除かなかった耐熱シリコンか
外せば分かると涼しいうちに終わらせるべくガチャガチャ


結果……マフラージョイントカラーが前後逆に入ってました……orz


エキパイを押し込んでガスケットを圧縮するためのカラーが逆向いてて
ガスケットは中途半端にしか潰れていないわ、
パイプも中途半端にしか差し込まれていないわ……
よくもまぁ、ローライダーマフラーの時漏れてなかったもんだ

で、そのハンパに潰れたガスケットを外して排気ポートを磨いていると
なにやら銅色に輝く物が……

ダブルガスケットの恐怖
うちのバイクは四発じゃないですよ。
何故かガスケットがもう一枚

思い返す
・中古で購入時、ローライダーが付いていたので純正と交換して貰った
・大晦日帰省中大雪で転倒、ブレーキペダル修理するためにマフラー脱着
ローライダーを発掘、試しに装着
・先日純正に戻した

マフラーを脱着したのはこの4回
2回目は立ち会っててペタンコになったガスケットを見せてもらった
3回目は妙に容易く外れたのを覚えている
4回目はボケてて再利用したので触ってない
とすると1回目か。またあのバイク屋なのか?
もしかしたら前オーナーがローライダーに交換した時かもしれないが
何しろ、固着どころか一体化してて外せなかったし。

とりあえず、新品ガスケットと交換、カラーを正常な向きに戻して作業終了


ついでにチェーンの清掃
先日買ったケッテンマックスを試してみる
装着は確かに簡単。
でもSHADOWはチェーンとスイングアームのクリアランスが狭くて取付辛かった

で、ボトルにジョイを50倍に希釈した物を入れて装填
掃除開始……って、ボトルに吸気口がないから洗浄液が流れ出ねぇ!!
マヌケだ。なんてマヌケすぎる設計ミスだこの商品。
ボトルに穴開けるのは後日やるとしてとりあえず手で押して洗浄液注入

作業は楽、ではない。
ただ車体や腕や服に飛び散って汚れずに済むと言うだけ。
タイヤ回してる手はどうしたって汚れるし。

500ml全部使い切って、ボトルに水を入れて濯ぎ
何かオイルがヘドロ状になってチェーンに残ってる……
粉体オイルが中性洗剤と相性悪いのか洗浄液が薄すぎたのか。
とりあえず今回は注入パイプをスプレー用に買えて再度洗浄
確かに歯ブラシでチマチマやるより綺麗になる。

続いて給油。
そのままスプレー用パイプにチェーンルブを噴射!
……て、何か詰まってるんですけどー
よく考えたら粉体オイルが流れるはずもなく。
ホワイトチェーンルブとか使ってる人はコレじゃ給油できないので注意。
結局コレの少し手前にいつも通り噴射して作業終了。

いつもだったら地面・タイヤ・ホイール・両手両腕・服に至るまで
あらゆるところが飛散物で汚れてたのが今回は手のひらだけで済んだ。
作業になれるまでやりづらいと思うし、使用するチェーンルブを選ぶので
評価としては60点かなぁ。
汚れないと言う当初の目的だけは果たしてくれたので良しとするか。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluefog.blog46.fc2.com/tb.php/288-fa349681