蒼霧屋>Karz Side>Blog

タイヤ交換後 

皮剥きがようやく終わった段階なので普通乗りでのインプレだけど

DNA S.Drive、ちょっと合わないかも。

なんつーか、全てのインフォメーションがヌルいっつーかヌメヌメしてるっつーか。
スパッとハンドル切った時の感触も腰砕け感の後にグイッと食う感じだし
ブレーキに対してもリニアに効いちゃいるんだが、
なんか制動力が発揮できていない感触が付きまとう

前者はGPシリーズから特有の味と言われればそれまでだけど、後者が気色悪い。
ST115がそれだけ尖ってただけなんだろうかな?
ST115はハンドル切ったときもスパッと追従してくれたし
ブレーキ踏んだときなんてロックするぞーって感じがよく分かったんだけど
単に耐ロック性能が高くてまだ余裕があるだけなのだろうか?

面白いのは直進性能。ブレた後から補正する感じ。
ST115だとそのまま明後日行くんでステアで調整が必要だったんだけど
そのまま踏んでりゃ勝手に前に行ってくれる。
滑り出しの感覚もST115だと軽く鳴きながら徐々にスライドに移行して行き、
そこからアクセルワークで調整できるんだけど
S.Driveはこれまたヌルヌル~と出て行く感じ。

総評してST115が硬質、S.Driveが軟質って感じかな。
わたしゃ疲れるけど前者のが好き。



あとロードノイズは五月蝿めデスヨ
死にかけST115と良い勝負ってどうよ?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluefog.blog46.fc2.com/tb.php/222-69d83cc5