蒼霧屋>Karz Side>Blog

プチカスタム 

慣らしツーでどうにもハンドル周りが我慢できなかったので
本当は初回点検終わるまでやる気なかったプチカスタムを一気にやった

ODAXのトップブリッジプロテクターと無限のリザーバータンクカバー
ODAX トップブリッジプロテクター
無限 リザーバータンクカバー


まずは定番ということで。

ODAXのトップブリッジプロテクターはウイングマークが隠れてしまうので
あえてカーボン板切り欠いてマーク出してます
これはイギリスのメーカーの輸入品みたいですけど、単なるカーボンの板です
正直、カーボンプリントではあるけど純正のほうがいいかと

リザーバータンクカバーはとりあえず無限をチョイス

タイホンダ純正CBR250R用マスターシリンダーキャップ
タイホンダ純正 CBR250R用マスターシリンダーキャップ

CBR250Rのフロントマスターキャップと
PC40のリアマスターキャップが同サイズだって情報を元にチョイス
問題は付属のビスがPC40じゃ使えない
M4の首下40mmのナベか何かが別途必要です
とりあえずは元の皿ビスで固定

J-TRIP スイングアームフックボルト
J-TRIP スイングアームフックボルト

メンテスタンド持ってるのでこれはね。
つか、純正でも付けとけっての。

TRICKSTER AUTBAHN ワイドビューミラー(ピンクパープル)
TRICKSTER AUTBAHN ワイドビューミラー(ピンクパープル)

なんかデイトナのブラインドバスター廃盤になってるし。
最初はTANAXのOPTICS採用カウルミラーにしようかとも思ったけど
異常に重いという現実から却下
高価いけどコレにしました
ピンクパープルなのはSHADOWで使ってたOPTICSもこの色使ってるから
ブラインドバスターのライトブルーと比べてもこっちのほうが防眩効果高いし

不明 可倒式アジャストレバー・PRO GRIP #838
不明 可倒式アジャストレバー
PRO GRiP #838


さて、今回我慢できなかった一番の理由ですよ
そう、レバー
どうにも、純正のレバーって遠くて手が疲れちゃうんですよ
で、CB400SBでも使っていたアジャストレバーを
しかも今回は可倒式だよー
グリップは定番のプログリップで

なんでこんな色かって?
だって

黒いユニコーン

ぽいじゃん!

赤もあるけど、ベースが黒しかないので諦め
シルバーがあれば赤でも良かったんだけどなぁ


ちなみに、グリップボンドが切れてて作業が終わりそうに無く
翌日のツーリングも控えているもんだからFITに乗り込み出撃
なんか雷雨がきそうな感じだったので、とりあえずすぐ近所のローソンに行ったら
ウルトラ多用途SUが売ってた!
なんとかギリギリ雨が降り出す前に作業を終えることができた・・・





で、



ぢつはこの話にはしっかりオチがついてまして



翌日、鴨川ツーに出かけ
家からR1に出て戸塚警察署手前まで辿り着いたところで



ABS様が暴走



ABSランプが点灯して
フロントブレーキが全力で効いた状態



その場でブレーキレバーばらして前ブレーキ無しで帰宅。
やむなく純正レバー取り付けてツーリングに出かけたわけですが・・・

原因はバラした瞬間に気づいたんだけど
どういうわけか、交換したレバーに
ブレーキを押しこむ棒の収まる穴が開いていなかったんですよ
どうりで交換直後、どーもブレーキ引きずり気味だなと思えば・・・
で、その部分はシリンダー状になってるので押さえのバネ外して回してみたら
ちょうど反対側に穴が隠れていやがった

はい。
組立不良ッスね。




どーせ、中国か台湾製のパーツなんだろうけど・・・酷いわ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluefog.blog46.fc2.com/tb.php/1482-ce655585