蒼霧屋>Karz Side>Blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ツー終えてのインプレ 

怒りの箱根130km慣らしチョイツーでのCBR600RRの感想

・納車当日、あれほど怖かったライポジ
 どういうわけか今回は乗った時から全く違和感なくなった

・慣らし運転のアクセル半開&5000rpm縛りでも流れを余裕でリードできる
 ていうかこれ以上を公道で常用するのは危険すぎる

・60km/hは余裕で通過点
 CBR的には「スローすぎてあくびがでるぜ」ってことか
 メーター見ずにマシンなりに走るととんでもない速度に……

・エンジンもすごいがブレーキがすごい!
 ビックリするほど制動力が強い
 その上ABSさんのお陰でロックしないので安心してハードブレーキング可能

・コーナーリングが気持ち悪いくらいに素直
 CB400SBの感覚で曲がると曲がりすぎるw
 新道から大観山までの山道で曲がりすぎて転けそうになったw

・走行性能もすごいが快適性もすごい!
 手は痺れるわ腰は爆発するわ膝は笑うわ……
 え?3時間130km休み無しにぶっ通しで走ればそりゃなるって?

・街乗り速度で走ってると水温が余裕で100度オーバー
 ファンが回れば熱気で股が焼ける
 まぁ、重装備してるんであんま気にならんが。

・ノーマルシート滑りすぎ
 やっぱ張替えは必須か
 ついでにアンコ抜きしてもらおう

・クラッチ重すぎ
 振動の影響もあってクラッチ握れなくなっていく
 レバー交換必須

というわけで、シートとクラッチレバーはCB400SBと同様のカスタムが必要かと。
あとミラーかなぁ。やっぱ純正じゃ後続車が眩しすぎる。

特に慣らし運転という意識はいらんかも。
普通に運転している限り慣らし運転の域を超えないわこりゃ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluefog.blog46.fc2.com/tb.php/1480-167b51d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。