蒼霧屋>Karz Side>Blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀北ドライブ 後編 

R480から生石高原へ

r180に合流し、r184で生石高原へ……って……なんだこの煙は……
どこのバカだよ野焼きしてるのはと思ったら、煙じゃなくて雲でして
いくらも進まないうちに一面の雪景色
おいおい夏タイヤだぞ勘弁してくれよと思いはしたけど
新雪が乗ってるだけで轍の部分は完全に溶けてたので普通に走れた

生石高原
南側は溶けてたけど北側は真っ白 PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4

さすがに誰も居ねぇw
まぁ、静かで良いけど。

生石高原
生石高原
生石高原
生石高原
生石高原
PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4

さすがに寒いので撤収
で、黒沢牧場に寄ってみようということになり
面倒なので林道に突貫
林道突破
半分くらい雪に埋まってたけどな!
辛うじて轍があったんでトレースしながら下山
無かったら溝にはまってたと思う……

てか、あんなとこカブで走り回ってた郵便局員様、マジお疲れ様です

R184に再度合流する頃には雪は完全に姿を消し
すっかり立派になったR424で黒沢ハイランドへ
このへんも昔は酷い道だったけど、今はわずかに残るのみ
それも現在進行形で工事やってるから
R42と高速含めロクな道がない有田-海南間も少しはマシになりつつあるようだ

そうそう、アホなこと言ってないでここの高速はとっとと4車線化すべき。
休日1000円始まる以前からの渋滞ポイントで、
しかもすり抜け困難なトンネルなのでバイクで入ると死ねる。

閑話休題

黒沢ハイランドより
黒沢牧場の牛さんはみんな引っ込んでました。 PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4

まぁ、雪降るくらい寒いから無理もないか。
ここで凄まじく鈍くさいヴィッツに引っかかり、しかもなかなか譲ってくれないからイライラ。
狭い道で追いつかれたら速やかに譲ろうよ……
こういう運転する人に限って訳の分からないブラインドコーナーで譲るからたまらない

R370に再び入り、ナビ任せの裏道で紀三井寺付近のR42へ
そのまま和歌山市街に入りたいした渋滞もないままに和歌山城へ到着

復元天守、しかもコンクリ製なので天守に興味はなかったのだが
和歌山市街を見下ろす展望台としては優秀とのことで立ち寄った
和歌山城
和歌山城
和歌山城天守閣 PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4

漆喰じゃなくてコンクリに塗装したんだろうなぁ
壁がもの凄く小汚いことになってる
やる気ゼロの受付で400円払って天守へ

いやどうして、外観は日本のお城で中身は洋館風(?)なのが面白い
復元時期がそもそも古いせいなのか、造りのおかげなのか
とにかく某O山城みたいな残念な思いはせずに済んだ

和歌山城天守より
PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4
大天守は外部の廊下に出ることができ、和歌山市街を一望できる

和歌山城
PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4
一番気に入ったアングルはコレかな?
本丸御殿跡からの和歌山城

一度大手門まで下り、ぐるりと歩いて回る

御橋廊下
御橋廊下 PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4

2006年に復元された二の丸と西の丸を繋いでいた橋
藩主とお付きだけが通れるために部屋城の廊下になっているらしい
つか、板張りの坂になった床がすんげー歩きにくかった

紅葉谷庭園
紅葉谷庭園
紅葉谷庭園 PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4

和歌山城
和歌山城
和歌山城
PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4
大手門から反時計回りに駐車場まで戻ったところで城を出た

時間も良い頃合いなので通勤車両の渋滞に巻き込まれる前に和歌山を脱出
が、高速入り口手前で事故してて結局渋滞に巻き込まれた


総走行距離:290km
概算燃費:13.5km/L
うーん。峠道で調子に乗ってたせいか燃費が悪かった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluefog.blog46.fc2.com/tb.php/1153-0abed2ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。