蒼霧屋>Karz Side>Blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼあうp奮戦記 第六章 

土日はバイクか車で出勤するため
帰宅ルートで松原タイチを通るので電話でジェットの在庫聞いてみたが無し
仕方ないので遠回りだけど仕事場の近所に南海部品があるので行ってみた

ミクニのPJ・大 #25入手に成功
ついでにホムセンでドリルビット購入

帰宅後、腰上の作業に取りかかる

まずはオリフィス拡大
まずは買ってきたビットでオリフィス拡大。サイズは2mm。
オイルクーラーとか付けないならもっと大きくても良いらしいけど一応予定しているので

カムチェーンはキタコのDID製新型
キタコ DID製強化チェーン
こいつのせいでとんでもない苦労をする羽目に……

で、腰上へ
ピストンリングコンプレッサーいるわ
いきなりピストンで大苦戦
サークリップは入らないわ
シリンダーに入らないわ(この手で使えるリングコンプレッサーあるのか?)

ホイホイとヘッドを乗っけて
ヨシムラ ST-1 カムシャフト
カムを設置
純正カムホルダでは加工が必要なので面倒だから
SHiFT UP ビレットカムホルダー
SHiFT UPのカムホルダー用意しました
シャワーヘッドにもなることだし
ちなみにロッカーアームはキタコ製強化品をモリブデンコーティング
同じくキタコのチタン製アジャストスクリュー/ナットを装着

で、ここから大難航
チェーンがギリギリすぎてカムスプロケットにかからないのだ
悪戦苦闘と試行錯誤の末、多少強引な方法で取り付け成功
綺麗にかかって見えるけど
カムチェーン、強化品にも程がある
初期伸びで伸び切ったくらいが丁度良いんだろうなぁ

原因はヨシムラキットのクランクケースとシリンダーの間に入れるガスケットが厚くて
結果としてシリンダーが微妙に長くなっているせいだった
こりゃ仕様と思って諦めるしかないのか。

バルブクリアランスの調整とバルブタイミング(目視の適当判断だが)を確認

後は蓋をして本日の作業終了
キタコ オイルシャワーヘッドカバー
ヘッドカバーは圧抜き用に買ったキタコのシャワーヘッド
オイルシャワーなんぞ必要ないので値段と見た目だけで選択


さて、明日は実機への搭載
素直に動いてくれればいいが……
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluefog.blog46.fc2.com/tb.php/1099-2084d100

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。