蒼霧屋>Karz Side>Blog

ぼあうp奮戦記 第一章 

せめて今日はクランクケース割りたかったのに……

先日暇を見て降ろしておいたモタのエンジン
エンジン単体

この連休、暦通り休めるのでゆっくりボアアップにかかることに

で、一日目
目標はクランクケース割るところまで
お昼を回ったところで作業開始

まずはヘッドから
ヘッドカバーを外して、プラグを抜く
使えなかったニップルは撤去
ついでに使い物にならなかったオイルチェックボルトでの油温測定は元に戻します

フライホイールを回して上死点に合わせて
上死点合わせ
ヘッド内は綺麗
コレで準備完了

まずはカムチェーンアジャスタを外して(外さなくても良いけど)
カムチェーンアジャスタ

上死点から少しずらしてカムスプロケットを取り外す
二本のボルトの種類違うので注意
ケース割るんでカムチェーンは落として可

カムシャフトホルダを取り外して(ナットがめちゃくちゃ固かった)
カムシャフトホルダASSY
今回はカムホルダもロッカーアームも交換するので
ロッカーアームピンだけ取り外しておく
連結部分には必ずノックピンがあるので忘れずに

ショックレスハンマーでヘッドをコツコツ叩いてヘッドを外す
ボルト一本抜き忘れて悩んだw
コレでようやく燃焼室にご対面

コレは酷い
若干焼けムラが……
まぁ、幾度となく思いっきりカブらせてるしなぁ

で、シリンダーの取り外しなんだけど
叩く叩く!
コレが外れやしない

ショックレスハンマーでコツコツコツコツ……
何とかはずれた
何とかはずれた

カムチェーンテンショナーはシリンダーにくっついてくるので外す
カムチェーンテンショナー止めてるバネ
バネで止まってるのでバネ外しが必要

シリンダーはかなり綺麗
つか傷有ったら怖いけど。
シリンダー
ガスケットもシリンダー側にくっついてくれてありがたい

ピストンピンクリップを片側だけ外してピストンピンを押し出す
ピストン取り外し
WPC済みのピストンピンがどれだけスムーズに入るか楽しみなんやな

あとは残ったスタッドボルトを抜くだけ
リムーバーが楽で良い
ストレートって工具屋のリムーバー&インストーラ持ってるのでコレは楽

と、ここまではトントン拍子で進んだんだが

クラッチセンターナットで躓いた
何やっても外れやしねぇ

苦闘2時間
継ぎパイプに継ぎパイプしてやっと外れた
ナット一個でえらい目に

あとはプーラーで外して(逆ネジなの忘れてて悩んだけど)
フライホイールプーラー

コイル外して
コイル

……ステータベースが外れねぇ……
何でスクリューなんだ……
まぁ、コレ外さなくても何とかなるから放置で良いかぁ


が、同じスクリューが他にもあろうとは。


クラッチカバー側の作業開始
カバーのボルトはナンバリングして保管しないと後が大変
クラッチ側
ここにもノックピンが有るので注意するのと
オイルスルーやクラッチリフタピースは固定されてないのですぐ外すべし

90919_22.jpg
ストレーナーはゴミ無し
今回フィルター付きのカバーにするからコレ外してもいいんかなぁ?
ドリーム50とかどうなんだろ


そして
オイルポンプを外そうとして
また
スクリューが出た


無理だ。
コレは舐める。
間違いなく舐める。


ホームセンターに走り
インパクトドライバ
インパクトドライバー買ってきた

が、19時近くになり時間が時間で近所迷惑になるので作業中断
更に舐め防止のケミカルがあるらしいので明日買ってこよう

90919_24.jpg
外した部品はタグ付けて部位毎に使い捨てトレイに入れると便利


二日目は洗浄だけにしたかったんだが……
こりゃもう一日割るの二時間食いそうだなぁ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluefog.blog46.fc2.com/tb.php/1091-1585b76a