蒼霧屋>Karz Side>Blog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲ツーリング その3 

朝6時起床
外を見たら夜中に雨が降ったらしく路面が濡れている
こんな時に限って天気予報も変化せず

まぁ、午前中は何とか大丈夫のはずだから
豪雨が来る予定の15時に兵庫入り、つまりは昼過ぎに米子ICから高速乗れば
そんなに酷い事にならないんじゃなかろうかとの甘い目算でまずは風呂

朝食もこのてのホテルにしては上等な部類
腹も満足したところで早々にホテルを出発
ホテル横の県道を北上し、出雲大社へ
駐車場からあえて大鳥居まで戻って参拝

出雲大社

朝早いのに結構な人出
参道は長いけど想像より敷地は狭かった

出雲大社

参道を抜けて拝殿(仮御本殿)
事前に調べていたので知っていたけど、現在出雲大社は本殿修造のための遷宮中で
肝心の国宝・御本殿は大屋根改修のための素屋根に覆われていて
この日は特別拝観はやっていたけど、外からは姿を拝む事は出来ない状態。

出雲大社

終わるのは平成25年(関連工事も含めると28年まで)らしいので参拝する人は注意

ちなみに出雲大社の特別拝観は服装とか制限が厳しいのでバイク旅では無理
どのみち時間的にも無理だったし

出雲大社
出雲大社
出雲大社

観光バスも到着していよいよ人が多くなってきたので先を急ぐ

稲佐の浜

出雲大社から海に出て稲佐の浜
思えば最初は一人で来るつもりだったからここでキャンプする予定だったんだよな……
キャンプだったら悲惨な事になっていた

日御碕へ

稲佐の浜から日御碕へは景観もすばらしい海沿いワインディング
しかし、上の写真を撮っているうちに先に行かれた
前の車を煽り倒している1BOXと意地でも譲ろうとしない軽に阻まれて
大半をノロノロ運転。対向をかっ飛ばすCBRが羨ましい……

日御碕灯台

結局駐車場までブロックされっぱなしで日御碕へ
灯台まで行ったけど、天気が天気で登る気がしなかったのでパス
食事もここだと中途半端すぎるのでスルー

道の途中から見えた神社へ向かう

日御碕神社
日御碕神社

こんな岬の小さな集落になんとも立派な神社が
創建が神話の時代に遡る由緒ある神社らしい
現在の社殿も三代将軍家光の命によるもの
さすが神話の国。下調べ無しでうろつくと後でびっくりするわ

神社を出てr29を少し戻り、島根半島西部北岸を横断するr23斐川一畑大社線へ



序盤はハイペースで走れる山中ワインディング
バイクで走るにはもってこいの道だが、鷺浦の集落から先は
集落に入るたびに軒先狭道といった感じになる

途中、猪目の集落でr23を見失うので注意が必要
見事に間違って出雲大社裏へ抜ける山道を5分ほど登ってしまった

北岸を西へ

ここらで一発目の雨
小雨で気にするほどでもなかったのでそのまま走行
以後、降ったり止んだりの繰り返し

しばらく走ると十六島(うっぷるい)の港に到着
しかしなんで十六島で「うっぷるい」なんだ

r23はここで山手に伸びて未通区間になるので海岸沿いに十六島半島を周る

十六島鼻の風車

この一帯は風力発電所となっており、かなりの数の風車が建っている
まぁ、本気で風力発電所を名乗りたいならあんな本数じゃ足りないんだけど。
道沿いで唯一接近できたのは十六島鼻の一基のみ
あとは基本立ち入り禁止っぽかった

風車の並ぶ海岸

で、ここでまたしても道を間違ってしまう
途中で妙な三叉路があり、一方は山に登りともう一方は海に下る
海に下る道が集落に降りるだけの道に見えたのでスルーしたら
その道が十六島に戻る道(r23の迂回路)で見事にタイムロス
しかも十六島に着いても暫し間違っている事に気づかなかった……



ちなみに、この迂回路部分の海沿いは景観も良い
r23に合流してからは一旦山間部に入り、地合町から真っ直ぐ宍道湖へ南下する
が、そのまま宍道湖には出ずに途中の広域農道で東進

r266で再度海岸沿いへ
r23と比べると道も狭いしRのきつい場所も多数で四輪だと辛そう
しかも未通区間に突入するところがコンクリ路面の急坂で戸惑った
なんか民家にでも登る道に見えたんで。



未通区間は林道横手線で。
ツーリングマップルに海の景色が美しいとか書いてるんだが……海見えないじゃん
景色が楽しめるのは両端ぐらいで、残りは木々が覆いかぶさってくる感じの道
ただし、道路の整備状態は良い。別にこのままr233に格上げしても良いくらい。
晴れてりゃ楽しい道だろうけど、雨が強くなりだしたせいでペースがガタ落ち

林道を抜けたところで古浦の町が見えてくる

古浦を見下ろす

ここからはr37へスイッチ
日本で唯一県庁所在地にある原発、島根原子力発電所の前を通る
ただ、建設中の3号機は見えたけど1号機・2号機はよくわからんかった
しかもこっちの県道側からPR館である島根原子力館に行けないのはどうよ?
まぁ、時間的に立ち寄る暇は無かったんだけど。

ここからは淡々とr37を進み、七類まで抜けるつもりだったのだが



途中間違えてr152で中海側に出てしまい
時間も時間なのでそのまま境港へ抜けた

で、北岸では降ったり止んだりの天気だったのだが
中海側は明らかに雨の一滴も降っていない空気……
前日同様に北岸側だけに雨雲がかかっていた模様

帰路。大山がかろうじて見える

境港から大山が見えたが見事に雲の中
前の日に回ってて大正解だった

12時を回っていい加減腹が減ったので、境港さかなセンターに向かったのだが
食堂に並ぶ長蛇の列を見て諦め。センター内で鯵の開き×8(500円)を買って退散
食事は大山か蒜山のPAで摂る事にして米子IC前で給油し高速へ

大山PAのカレーパン

大山PAでカレーパンとヨーグルト・牛乳を

で、大山PAを出てすぐに雨
溝口ICで合羽着用
蒜山SAに着く前に本降りに

……蒜山SAまで我慢しないで本当に良かった……

その後は延々と雨
予想通り中国道に入ったところで雨は激しさを増し
美作あたりから走行を躊躇するほどの豪雨に変貌
ええ。作用とかで洪水被害出しまくったあの雨ですよ。
作用とかシャツ+ジャケット+合羽の上からなのに雨が痛いし。
しかしNEXCOの車が各所でウロウロしてるから通行止めも時間の問題と判断し
休憩は諦めひたすら走行
加西SAで流石に体力の限界を感じて小休止

やっぱ雨用グローブとブーツカバー買ったほうが良いな……
他はそれなりの合羽とヘルメットのおかげでなんともないけど
手と足だけがずぶ濡れ。
ここまでの豪雨の中を走ったのは初めてだ

このあと、恒例宝塚トンネル渋滞(17km)をすり抜けまくり
阪神池田線が事故で通行止めだったのでやむなく近畿道経由で帰宅
最後に近畿道でも豪雨を食らった
かんべんしてくれ

帰り着いたらピタッと止むし。


90829_1.jpg


総走行距離:894km
概算燃費:21.9km/L……長距離走ったのに燃費悪いなぁ。天気のせい?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluefog.blog46.fc2.com/tb.php/1078-9d82ec3b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。