蒼霧屋>Karz Side>Blog

出雲ツーリング その2 

境港を後に島根半島に渡り、一路美保関へ

境水道大橋から美保関へは軽快な道が続く

島根県道2号

海沿いのこゆー道って大好き
一気に美保関燈台へ

美保関燈台

空が澄んでいれば駐車場から大山が見えるらしいけど
弓ヶ浜すら辛うじてしか見えない状況では景観はイマイチ
それどころか、なんか暗雲が立ち込めてきて遠雷まで……またかよ気象庁……

灯台は妙に暑かったので早々に撤退
美保関港に立ち寄ってみた

美保関
美保関

で、なにやら神社があるみたいなので散策してみることに

美保神社

なんでも、えびす社の総本山らしい
ただの漁港だと思ってたのでスルーするところだった

神社を出ると、青石畳通りと書かれた路地があったので入ってみる

青石畳通り
青石畳通り

貿易港時代の旧家が並ぶ石畳の参道
ここの宿も空きがあったんだよなぁ……結局、ルート的にパスしたんだけど
今度泊まって周辺をゆっくり巡るのも良いかも

烏賊の一夜干

駐車場に戻る途中で大好物が並んでいるので釣られてしまう
イカ焼きと一夜干し×3枚購入。1500円也。
……そういや、さかなセンターで一枚1000円だったぞ……

岸壁に腰掛けてイカを喰らう
うめー

男女岩

美保関の港を出て、空模様が激しく怪しくなってきたので先を急ぐことに
ついに遭遇したアホ四輪にいらつきつつもR431まで戻り
ついでなので中海締切堤防を走ってみた

90822_5.jpg

が……時間の無駄だった気が……
岡山の児島湾締切堤防みたいなのをイメージしていたので期待はずれだった
堤より道路が低いんだよね。天気が悪いのも影響したし。

中海を渡り、松江市街地へ
今回のメインの目的地、松江城へと向かった

で、あっさり到着したんだけど
駐車場の入り口にいた警備員の説明が分かりづらくて
バイク駐車場を見つけるのにとまどった
まさか大手門くぐった先にあるなんて……

まずは二の丸に上がり、三つの再建櫓を回って
郷土資料館になっている興雲閣へ

興雲閣

天皇の御宿所として建てられた洋館
和製木造洋風建築の雰囲気がすばらしい
特に1Fの廊下と階段、そして2Fの応接室
薄暗い照明が良い味を出している

松江城

そして天守へ
これで現存天守巡り6ヶ所目
備中松山・丸亀と小さな天守を巡った後なのでひときわ大きく見える

ただ、歴史の資料は多数あれど、天守に関する説明がほとんど無かったのが残念
説明が書いてたのは地階だけだったよーな。

望楼は結構な広さがあるのと窓も大きいので風が抜けてすごく涼しかった

堀川と遊覧船

天守を出て、小泉八雲記念館・武家屋敷と巡り、松江を後に

ここからは時間が微妙だったので予約してある出雲のホテル目指して西へ
宍道湖北岸をひた走り、あとは道路標識を信じて出雲市街へ
数ヶ所の渋滞もあり、到着はチェックイン時間ちょい前
変な寄り道しないで正解だった

90822_6.jpg

ちなみに宿泊したのはウェルシティ島根
ええ。厚生年金会館です。
あんま期待してなかったけどシティホテルにしてはかなり上等な部類だった
お風呂は天然温泉だったし、食事も美味しかったし。
地の魚料理が~って宣伝文句でロクなもん出さない宿がある中でアレは上等
最後の牛ステーキも某S市でいつも使うホテルのより数倍美味かったし

ただ、もう少し料理出てくるタイミングは早くても良かったんじゃなかろうか
食事だけに来ているならともかく、旅先の夕食であれはちと遅い
疲れ顔を突き合わせて延々と高い酒飲む気にもなれなかったし


で、部屋に戻ってTVをつけて愕然。
なんか予報が雨になっとる
台風が発生とか聞いてねぇぞ!
大幅にプランを練り直し、回りたいところは午前中でケリと付けて
大雨になる15時までには兵庫に入るべく計画を大幅に見直すことに


まさかその雨が、あの大惨事を引き起こす大雨だとは知らずに……


その3へ続く
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluefog.blog46.fc2.com/tb.php/1077-7f44de5f