蒼霧屋>Karz Side>Blog

かんべんしてくれ 

俺この修羅場を抜けたらモタのボアうpやるんだ……



冗談抜きにいつまで続くんだこの状況……
夏休みすら確定しないし(13日くらいから休めそうなんだけど)

とりあえず、今週の土日は休めそうなのでツーリング予定
明日次第で明後日も何とか休めるか?
平日休めるなら釣りにも行きたいし……
スポンサーサイト

唐揚釣ってきた 

なんとか休めたので釣りに行ってきた

で、いつもの貯木場の灯台へ
釣基地仕様
釣果:唐揚18+カマス1、南蛮漬17

なんか沖のほうでクソでかいのがピョンピョン跳ねてたけどスズキか?
約10m先くらいを大型の魚群が行ったりきたりしてるし
次はウキ釣りでもやるか

最後暇だったし他に誰も居なかったので次回に備えて投げのリハビリ
飛距離は稼げるけど位置が狙えなくなっとる
まぁ、一日釣ってれば戻りそうな感じ


で、土日は休み確定なので初島根観光
出雲大社が工事中なのが残念だが主目的はそこじゃないので我慢。

届いてしまった 

Gジェネウォーズが届いてしまった

……まだ魂終わってないのに……



なんか下にあるけどそれは気にしない方向で。


とりあえず、とっとと魂終わらせにゃ

テンション上がる 


時速300kmの車窓から

新幹線、500系だった
相変わらずカッケ~
なんかしらんがテンション上がる
GPSログ見るのが楽しみ

つか、山陽はトンネル多過ぎでウザイ
だから新幹線で帰省するの嫌なんだよ……
500系も横揺れに対してのアブソーバ抜けてんじゃねーのかってくらい収まり悪いし

ラーメン断念 


博多、雨降ってるし……

ラーメン食って帰りたかったが断念





つか、バニングなんて絶滅危惧種が普通に走ってるよ……

帰還 

修羅場後(中?)に一週間も休むもんじゃねぇ

強烈な連休ボケに襲われとる……

出雲ツーリング その1 

当初は盆の帰省などする気もなく
かといって混みあう観光地は勘弁だったので
現存天守巡りで松江・出雲へ向かう事に

前日17時予報までは8日:晴れ、9日:曇りだったんだ……



朝4時に自宅を出発
高速で一路米子へ

この時間なのに既に渋滞しかかっている宝塚トンネル……
土日限定とかじゃなくて曜日関係無しに上限3~5000円とかにすりゃいいのに

そんな混雑も神戸JCTまで
中国道は無駄に飛ばしまくる四輪も居なくて好調
加西から延々と米子自動車道まで霧の中の走行が続いたが
著しく速度を落とすほどの濃霧でもなかったので順調に湯原ICを通過

当初予定では真っ直ぐ松江に向かい、島根半島を巡って出雲へ行く予定だったが
蒜山IC手前で見えた大山が見事な快晴だったので予定変更
ICを降りて蒜山高原へ向かった

蒜山高原 道の駅
蒜山高原

早朝の蒜山高原は車もほとんど走ってなくて実に快適
写真を撮るにも気兼ねしなくて良い
道の駅までを往復し、蒜山大山スカイラインの入り口からキャンプ場へ向かう道を登る

蒜山高原
蒜山高原

FITで冬に行った時は良い撮影スポットだったんだけど
草が生い茂っていてイマイチだった

諦めて蒜山大山スカイラインへ
久々に走ったけど、こんな道だったっけ?
鬼女台以外に見所が無いのは分かってたけど……

鬼女台より蒜山方面
鬼女台より大山方面
鬼女台より大山方面

そして鬼女台
道の駅もだったけど、車中泊組が駐車場を占拠していた
蒜山ICを降りた時は完全に晴れていた大山に少し雲がかかってきた

鬼女台から蒜山大山スカイラインを抜けて鏡ヶ成
そのまま大山環状道路を東へ
が、大山東側は濃霧。地蔵峠まで行ってみたが晴れる気配すらなかったので
諦めてUターン

鳥ヶ山展望駐車場

大山環状道路を鍵掛峠へ
大山環状道路は路面もさることながら道のレイアウトが好きになれないんだよなぁ
もの凄くリズムが悪いって言うか……小排気量スキーには辛い道じゃ……

鍵掛峠

到着時は完全に雲に隠れてしまっていた大山だったが
V魔の人やオフ車の人と話をしているうちに何とか見えた



しかし、大山寺付近から一気に曇り空に変わってきたので
r24大山観光道路を米子へ下り、遅めの朝食をと境港を目指す

米子に下りて 王子製紙工場

が、R9に出て給油したまでは良かったのだが
一本曲がる交差点を間違えたところで路地でリカバーしようとして更に迷い……
なぜか王子製紙の横に出た
おかしい。R431に出たくて海に向かったはずなのに。


なにやってんだか……

まぁ、王子製紙のおかげでマップルから現在地を割り出し、何とかリカバー
皆生温泉街をスルーして弓ヶ浜へ

弓ヶ浜

うん。釣り人しかいねぇ。
つか、思いっきり曇り空が広がってきて大山から下ったのにそんなに暑くないし
流石に泳げる気温じゃなかったから無理も無いか。

更にR431を進んで境港へ

境港で海鮮丼

境港さかなセンターで食事
地の旬の物が鮪か鯵でそれの漬け丼があったんだけど
鮪は好きじゃない(高価いのは別)し、鯵もワザワザここで……と思い海鮮丼に。
明らかに冷凍ものの海老が激しくイマイチだったけど他は良し。
何より魚のアラ入り味噌汁が美味かった

その後、さかなセンターよりも安い漁港隣接の境港水産物直売センターへ
面倒くさいので土産はここから直送する事にした
で、店のオバちゃんと話すこと数分
イカと岩牡蠣・サザエが良いとのことだったが、うちの親父が牡蠣食えないので
イカとカレイの干物(かなりでかい)を購入
全く時期じゃないカニや輸入のエビ買ってもしゃーないし。
自宅用はまた明日寄る事にして水木しげるロードへ

境水道大橋

で、時間かかりそうな観光地だったのでスルー。こういうところはまた今度。
一路、境水道を渡り美保関灯台に向かった

ルート図


その2へ続く

出雲ツーリング その2 

境港を後に島根半島に渡り、一路美保関へ

境水道大橋から美保関へは軽快な道が続く

島根県道2号

海沿いのこゆー道って大好き
一気に美保関燈台へ

美保関燈台

空が澄んでいれば駐車場から大山が見えるらしいけど
弓ヶ浜すら辛うじてしか見えない状況では景観はイマイチ
それどころか、なんか暗雲が立ち込めてきて遠雷まで……またかよ気象庁……

灯台は妙に暑かったので早々に撤退
美保関港に立ち寄ってみた

美保関
美保関

で、なにやら神社があるみたいなので散策してみることに

美保神社

なんでも、えびす社の総本山らしい
ただの漁港だと思ってたのでスルーするところだった

神社を出ると、青石畳通りと書かれた路地があったので入ってみる

青石畳通り
青石畳通り

貿易港時代の旧家が並ぶ石畳の参道
ここの宿も空きがあったんだよなぁ……結局、ルート的にパスしたんだけど
今度泊まって周辺をゆっくり巡るのも良いかも

烏賊の一夜干

駐車場に戻る途中で大好物が並んでいるので釣られてしまう
イカ焼きと一夜干し×3枚購入。1500円也。
……そういや、さかなセンターで一枚1000円だったぞ……

岸壁に腰掛けてイカを喰らう
うめー

男女岩

美保関の港を出て、空模様が激しく怪しくなってきたので先を急ぐことに
ついに遭遇したアホ四輪にいらつきつつもR431まで戻り
ついでなので中海締切堤防を走ってみた

90822_5.jpg

が……時間の無駄だった気が……
岡山の児島湾締切堤防みたいなのをイメージしていたので期待はずれだった
堤より道路が低いんだよね。天気が悪いのも影響したし。

中海を渡り、松江市街地へ
今回のメインの目的地、松江城へと向かった

で、あっさり到着したんだけど
駐車場の入り口にいた警備員の説明が分かりづらくて
バイク駐車場を見つけるのにとまどった
まさか大手門くぐった先にあるなんて……

まずは二の丸に上がり、三つの再建櫓を回って
郷土資料館になっている興雲閣へ

興雲閣

天皇の御宿所として建てられた洋館
和製木造洋風建築の雰囲気がすばらしい
特に1Fの廊下と階段、そして2Fの応接室
薄暗い照明が良い味を出している

松江城

そして天守へ
これで現存天守巡り6ヶ所目
備中松山・丸亀と小さな天守を巡った後なのでひときわ大きく見える

ただ、歴史の資料は多数あれど、天守に関する説明がほとんど無かったのが残念
説明が書いてたのは地階だけだったよーな。

望楼は結構な広さがあるのと窓も大きいので風が抜けてすごく涼しかった

堀川と遊覧船

天守を出て、小泉八雲記念館・武家屋敷と巡り、松江を後に

ここからは時間が微妙だったので予約してある出雲のホテル目指して西へ
宍道湖北岸をひた走り、あとは道路標識を信じて出雲市街へ
数ヶ所の渋滞もあり、到着はチェックイン時間ちょい前
変な寄り道しないで正解だった

90822_6.jpg

ちなみに宿泊したのはウェルシティ島根
ええ。厚生年金会館です。
あんま期待してなかったけどシティホテルにしてはかなり上等な部類だった
お風呂は天然温泉だったし、食事も美味しかったし。
地の魚料理が~って宣伝文句でロクなもん出さない宿がある中でアレは上等
最後の牛ステーキも某S市でいつも使うホテルのより数倍美味かったし

ただ、もう少し料理出てくるタイミングは早くても良かったんじゃなかろうか
食事だけに来ているならともかく、旅先の夕食であれはちと遅い
疲れ顔を突き合わせて延々と高い酒飲む気にもなれなかったし


で、部屋に戻ってTVをつけて愕然。
なんか予報が雨になっとる
台風が発生とか聞いてねぇぞ!
大幅にプランを練り直し、回りたいところは午前中でケリと付けて
大雨になる15時までには兵庫に入るべく計画を大幅に見直すことに


まさかその雨が、あの大惨事を引き起こす大雨だとは知らずに……


その3へ続く

出雲ツーリング その3 

朝6時起床
外を見たら夜中に雨が降ったらしく路面が濡れている
こんな時に限って天気予報も変化せず

まぁ、午前中は何とか大丈夫のはずだから
豪雨が来る予定の15時に兵庫入り、つまりは昼過ぎに米子ICから高速乗れば
そんなに酷い事にならないんじゃなかろうかとの甘い目算でまずは風呂

朝食もこのてのホテルにしては上等な部類
腹も満足したところで早々にホテルを出発
ホテル横の県道を北上し、出雲大社へ
駐車場からあえて大鳥居まで戻って参拝

出雲大社

朝早いのに結構な人出
参道は長いけど想像より敷地は狭かった

出雲大社

参道を抜けて拝殿(仮御本殿)
事前に調べていたので知っていたけど、現在出雲大社は本殿修造のための遷宮中で
肝心の国宝・御本殿は大屋根改修のための素屋根に覆われていて
この日は特別拝観はやっていたけど、外からは姿を拝む事は出来ない状態。

出雲大社

終わるのは平成25年(関連工事も含めると28年まで)らしいので参拝する人は注意

ちなみに出雲大社の特別拝観は服装とか制限が厳しいのでバイク旅では無理
どのみち時間的にも無理だったし

出雲大社
出雲大社
出雲大社

観光バスも到着していよいよ人が多くなってきたので先を急ぐ

稲佐の浜

出雲大社から海に出て稲佐の浜
思えば最初は一人で来るつもりだったからここでキャンプする予定だったんだよな……
キャンプだったら悲惨な事になっていた

日御碕へ

稲佐の浜から日御碕へは景観もすばらしい海沿いワインディング
しかし、上の写真を撮っているうちに先に行かれた
前の車を煽り倒している1BOXと意地でも譲ろうとしない軽に阻まれて
大半をノロノロ運転。対向をかっ飛ばすCBRが羨ましい……

日御碕灯台

結局駐車場までブロックされっぱなしで日御碕へ
灯台まで行ったけど、天気が天気で登る気がしなかったのでパス
食事もここだと中途半端すぎるのでスルー

道の途中から見えた神社へ向かう

日御碕神社
日御碕神社

こんな岬の小さな集落になんとも立派な神社が
創建が神話の時代に遡る由緒ある神社らしい
現在の社殿も三代将軍家光の命によるもの
さすが神話の国。下調べ無しでうろつくと後でびっくりするわ

神社を出てr29を少し戻り、島根半島西部北岸を横断するr23斐川一畑大社線へ



序盤はハイペースで走れる山中ワインディング
バイクで走るにはもってこいの道だが、鷺浦の集落から先は
集落に入るたびに軒先狭道といった感じになる

途中、猪目の集落でr23を見失うので注意が必要
見事に間違って出雲大社裏へ抜ける山道を5分ほど登ってしまった

北岸を西へ

ここらで一発目の雨
小雨で気にするほどでもなかったのでそのまま走行
以後、降ったり止んだりの繰り返し

しばらく走ると十六島(うっぷるい)の港に到着
しかしなんで十六島で「うっぷるい」なんだ

r23はここで山手に伸びて未通区間になるので海岸沿いに十六島半島を周る

十六島鼻の風車

この一帯は風力発電所となっており、かなりの数の風車が建っている
まぁ、本気で風力発電所を名乗りたいならあんな本数じゃ足りないんだけど。
道沿いで唯一接近できたのは十六島鼻の一基のみ
あとは基本立ち入り禁止っぽかった

風車の並ぶ海岸

で、ここでまたしても道を間違ってしまう
途中で妙な三叉路があり、一方は山に登りともう一方は海に下る
海に下る道が集落に降りるだけの道に見えたのでスルーしたら
その道が十六島に戻る道(r23の迂回路)で見事にタイムロス
しかも十六島に着いても暫し間違っている事に気づかなかった……



ちなみに、この迂回路部分の海沿いは景観も良い
r23に合流してからは一旦山間部に入り、地合町から真っ直ぐ宍道湖へ南下する
が、そのまま宍道湖には出ずに途中の広域農道で東進

r266で再度海岸沿いへ
r23と比べると道も狭いしRのきつい場所も多数で四輪だと辛そう
しかも未通区間に突入するところがコンクリ路面の急坂で戸惑った
なんか民家にでも登る道に見えたんで。



未通区間は林道横手線で。
ツーリングマップルに海の景色が美しいとか書いてるんだが……海見えないじゃん
景色が楽しめるのは両端ぐらいで、残りは木々が覆いかぶさってくる感じの道
ただし、道路の整備状態は良い。別にこのままr233に格上げしても良いくらい。
晴れてりゃ楽しい道だろうけど、雨が強くなりだしたせいでペースがガタ落ち

林道を抜けたところで古浦の町が見えてくる

古浦を見下ろす

ここからはr37へスイッチ
日本で唯一県庁所在地にある原発、島根原子力発電所の前を通る
ただ、建設中の3号機は見えたけど1号機・2号機はよくわからんかった
しかもこっちの県道側からPR館である島根原子力館に行けないのはどうよ?
まぁ、時間的に立ち寄る暇は無かったんだけど。

ここからは淡々とr37を進み、七類まで抜けるつもりだったのだが



途中間違えてr152で中海側に出てしまい
時間も時間なのでそのまま境港へ抜けた

で、北岸では降ったり止んだりの天気だったのだが
中海側は明らかに雨の一滴も降っていない空気……
前日同様に北岸側だけに雨雲がかかっていた模様

帰路。大山がかろうじて見える

境港から大山が見えたが見事に雲の中
前の日に回ってて大正解だった

12時を回っていい加減腹が減ったので、境港さかなセンターに向かったのだが
食堂に並ぶ長蛇の列を見て諦め。センター内で鯵の開き×8(500円)を買って退散
食事は大山か蒜山のPAで摂る事にして米子IC前で給油し高速へ

大山PAのカレーパン

大山PAでカレーパンとヨーグルト・牛乳を

で、大山PAを出てすぐに雨
溝口ICで合羽着用
蒜山SAに着く前に本降りに

……蒜山SAまで我慢しないで本当に良かった……

その後は延々と雨
予想通り中国道に入ったところで雨は激しさを増し
美作あたりから走行を躊躇するほどの豪雨に変貌
ええ。作用とかで洪水被害出しまくったあの雨ですよ。
作用とかシャツ+ジャケット+合羽の上からなのに雨が痛いし。
しかしNEXCOの車が各所でウロウロしてるから通行止めも時間の問題と判断し
休憩は諦めひたすら走行
加西SAで流石に体力の限界を感じて小休止

やっぱ雨用グローブとブーツカバー買ったほうが良いな……
他はそれなりの合羽とヘルメットのおかげでなんともないけど
手と足だけがずぶ濡れ。
ここまでの豪雨の中を走ったのは初めてだ

このあと、恒例宝塚トンネル渋滞(17km)をすり抜けまくり
阪神池田線が事故で通行止めだったのでやむなく近畿道経由で帰宅
最後に近畿道でも豪雨を食らった
かんべんしてくれ

帰り着いたらピタッと止むし。


90829_1.jpg


総走行距離:894km
概算燃費:21.9km/L……長距離走ったのに燃費悪いなぁ。天気のせい?