fc2ブログ

呼子・唐津ドライブ

地元は雪でどーにもならず
当然久住なんざ自殺行為だろうと
呼子にイカを食いに行くことに

ちなみに実家の車はアウトランダー
親父は根っからの三菱党なのですよ

で、福岡方面も雪降ってるから心配してたのに
佐賀に入ったら雪のゆの字もありゃしねぇ

高速と有料道路、R203と接いで唐津へ
唐津からは県道を抜けて呼子へ

さすがに時間が早かったので先に加部島へ
呼子大橋
加部島の高台より
呼子大橋
高台で呼子大橋を見ていざイカへ

橋の側の「海中魚処 萬坊」なる店へ
海中魚処 萬坊
活造りでマジ旨し
つか身を取ろうとしたら足で妨害されるし
最後の天ぷらも美味……が、さすがに量が多かった……
おまけにこの店、揺れるんですよ
満腹の腹にあの揺れは堪える……

食後は唐津城跡へ
唐津城
無論レプリカなんぞに用は無いから城山で一休みのみ

続いてなんか宝くじが当たるって神社があるという島へ
高島、定期船は一人200円
なんかしらんが親が袋買ってた

海上より唐津城
海上より唐津城

以降は松原を抜けて海産物の直売所に寄って帰宅


なんともバイクで行きたい場所だったなぁ
カメラがLS2だったのがちと残念
スポンサーサイト



宮古島ツーリング 第四章 ~ようやくまともなツーリング~

最終日

凄まじい雷鳴で目が覚める

外、大雨。

ついに雨

朝食後、新宮様誕生特番を見て9時ごろチェックアウト
雨は何とか止んでくれた模様

最終日は宮古島一周の観光ツーリング
一周とは言っても来間島と南西岸は前日に巡ってるので実質3/4周

宿から数分でムイガー断崖に到着
なんか雑草が伸び放題で展望地へ登り辛いったらありゃしない
ムイガーより
おまけに雲行きが怪しくなってくる始末……

Xacti用レインコートw
Xacti C4の雨対策。これがかなり大活躍。

ムイガーを出てすぐに豪雨。
すぐに止んだけどずぶ濡れに。

七又海岸をひた走り、これまた地雷臭のする海宝館をパスして東平安名崎
東平安名崎
天気はこんなだけどそれでも海はすごい綺麗

東平安名崎を出てからは県道83を北上
新城から内陸に入り地下ダム施設へ……って……また豪雨。
しかも今度は半端じゃないじゃじゃ降り。
一時地下ダム公園で雨宿りして再度出撃。
地下ダム施設
看板の音声案内でなんか凄い事を説明してたけど……人間のやることオソロシス

再び県道83に戻り、比嘉ロードパークで休憩
そこからはひたすら県道83を北上
さとうきびVS県道標識
西海岸を通る県道83は走りやすい宮古島の道路の中でも随一の快走路
まぁ、初期型レブルにタンデムじゃろくに走らんけど。

大浦から県道230に入り島尻へ
島尻のマングローブ
マングローブ林の遊歩道をしばし鑑賞
カニやらハゼやらツバメ?やらがいっぱい
中でも翼がブルーを基調とした極彩色の鳥を見かけたんだけど
カメラを向けたら逃げられた……orz

続いて西平安名崎
西平安名崎
美麗な珊瑚の海と池間大橋が見渡せるビューポイントなのだが
場所が悪いのか人っ子一人いやしねぇ

池間大橋を渡り池間島
その名の通り中央部に湿地がある池間島は一周しても数分の狭い島
何でこんな島にあんな立派な橋をかけたんだか。
一周して前日来間島では乗れなかった海底観光のためグラスボート乗り場へ
ちょうど13時の便が出たばかりだったので券だけ買って昼食へ
お昼は宮古そば……60点。
橋の袂のお店で宮古そば……イマイチ。

食後グラスボート乗り場で休憩
おばちゃんとしばし歓談
なんでも丁度ウミガメが昼寝をしているらしい
しかし時間になっても戻ってこないグラスボート。
こんなのがザラらしい。というかこの島にいるとホント時間感覚が狂う。
このスピード狂が40km/h前後でまたーり走って十分速いと思わせる不思議。

結局15分遅れで船が到着
グラスボートは曇りでイマイチ
太陽光が乏しく、ちと残念
ウミガメも二匹しっかり見ることが出来た

池間島からは市街地へ入り、土産屋でお買い物
先に空港でロッカーに荷物を放り込み、バイク屋へレブルを返却
タクシーで空港に戻り飛行機へ

空から見下ろすリーフはまた格別。
もう一度来てやるっ!て気分にさせる
つか来年ってのは無理だろうけど近いうちに来たいなぁ

飛行機より
鹿児島-大阪上空に発達した積乱雲があり
雷光が真横を走り抜け飛行機が揺れまくる楽しい空の旅

到着した関空は豪雨だった……
夢から現実へ……
しかしなんだな。帰り着くのが仕事場って言うのはどうよ?

宮古島ツーリング 第三章 ~一日中泳ぎまくり~

三日目の宿には通信環境が無く、帰宅後疲れで眠くてたまらないので今ごろ更新

前日にプランを練り直し、もう一度フナウサギバナタ横で泳ぐことに
天気予報は雨予報だがもう信用できないので
朝から降ってたら予定変更ということで就寝

そして朝
怪しい天気
微妙。

朝食後、伊良部島西岸を回ってフナウサギバナタへ
海岸へ降りてみるとまだ砂浜が見えていない。
当日は4時半頃満潮~11時半頃干潮の中潮
さすがに7時過ぎじゃ早かったか。
波も強いのでしばし日光浴……て、すっかり晴れてるし。

8時前には泳げるレベルにまで潮が引いたので突入
ひたすら泳いで気がつけば10時。慌てて宿へバック。
超特急で風呂入って荷物まとめてチェックアウト

11:40のフェリーで宮古島へ戻る
さらば伊良部島
時間感覚の崩壊する島よさらば

平良で少しだけ雨に降られたけどおおむね快晴
一路トライアスロンのスタート地点でもある前浜へ
東洋一の白い砂浜
伊良部島もそうだったけど、ほんと道が分かり辛い
地図だけじゃデフォで道に迷うこと請け合い
さとうきびが道塞いでたりするし。

来間大橋を渡り、海底観光船に乗ろうと探したんだけどさっぱり場所がわからず
来間大橋
わかんないから展望台からの眺めで我慢する
後で分かったんだけど、観光船の時間が思いっきり島時間で
ルーズに動いているため予定の時間に船が居ないだけらしい……

どらごんふるーつ
お昼ご飯はドラゴンフルーツのヨーグルトかけ
素で食うと味も素っ気もないがこうやって食べると美味い

来間島を出て、県道235(だと思う)をひた走りうえのドイツ文化村へ
なんかショボかったのでスルーパス。地雷臭ぷんぷん。
そのまま県道235を走り、イムギャーマリンガーデンを抜けると本日の宿
ペンションうみのとなりに到着
宿からの眺め
ベランダからの眺めは最高

早速着替えてイムギャーマリンガーデンへ
イムギャーマリンガーデン
伊良部島より透明度は流石に劣るし珊瑚も少ないけど
波が荒くてもここの内海なら無問題

で、のんびりしてたら潮が満ちてきてシャツ他が水浸しになる罠。

ここでも2時間ほど泳ぎまくり、宿で小休止。
タオルも何もかも濡れてしまったので数百m<禁則事項>で爆走したのは内緒だ

夕食まで時間があったので近所を散歩
荒波と釣人1
荒波と釣人2
よくぞここまで接近できた
博愛漁港やイムギャーマリンガーデンを散策

ミミジャーの南蛮が美味
デザートはドラゴンフルーツゼリー
食事はいかにも手作り料理な感じでナイス。

星空は無理でした……orz
結局、この夜も月は拝めたけど星は無理だった。残念。

宮古島ツーリング 第二章 ~伊良部島&下地島での一日~

今日の宿でも通信環境があったので更新


朝一番からフェリーに乗り込み伊良部島へ
ポーク玉子おにぎり
フェリーで朝食。ファミマで買ったおにぎり。
油みそのが美味かった。
あおいうーみー
天気予報は見事に外れて快晴
マリンブルーの海に感動

船を降りるといきなり巨大な奇岩が御目見え
奇岩がお出迎え
隕石物語の舞台に選ばれた理由が良く分かる

まずは周回道路を西へ。フナウサギバナタを目指す
妙に塗装が新しくて萎える
某アニメとは周囲の状況が違う気がする……
このサシバの像、結構遠くからも見えて
結構遠くからも見えるサシバ像
木々の狭間に見えるのが人工物の割に良い雰囲気

すぐ側に浅い珊瑚礁の入り江があって泳げるんだけどとりあえずパス
珊瑚礁の入り江

ぐるりと回って日本の渚百景・佐和田の浜へ
佐和田の浜・魚垣
広がる遠浅の砂浜に岩がポツポツ
なんでも江戸時代の津波が運んだとか。
この津波の威力にこの後、驚愕することになる

下地島へ渡り、米軍がヨダレ垂らして欲しがってる
将来の隕石迎撃基地ジェット機パイロット訓練用の空港、下地島空港へ
下地島空港誘導灯火
丁度訓練はやってなかったので珊瑚礁ならではの美しい海を眺める

続いて通り池。
神秘的……というよりは不気味な池
ここ、ダイビング上級者が潜るらしいんだけど……怖くないのか?
正直上から見てるだけでかなり不気味。飛び込むなんて冗談じゃない。

通り池のすぐ側にある帯岩
津波で動くか?これが。
これも前述の津波が運んだとか。
空港建設前はこんなのが下地島中に転がっていたらしい
どんな津波だったんだよ、と。

最後に牧山展望台
展望台より
下地島へも橋が通るらしい
でも、朝のフェリーの様子から言って橋が必要とは思えないんだけど……


約一時間で伊良部下地島観光は終了。
思った以上に小さい島だった

で、フナウサギバナタの近所の入り江でシュノーケリング
丁度干潮で泳ぐにも最適。めちゃ綺麗。
写真は写るんですで撮ったので後日。
……ここでもっと泳げばよかった……

お昼は定食屋の日替わりでレバニラ定食。
結構美味かった
日替わりの分際ですげー美味。

食後、本日の宿である「オーシャンハウスinさしば」へ
ちょっと早かったけどチェックインを済ませて荷物だけ置いて再度下地島空港へ

丁度訓練が終わったタイミングで実に残念。
仕方ないので海に飛び込む
が、ココ結構深い&波が強い。
足が全く届かないところでシュノーケルにおもくそ海水が入って溺れかける

さんざ泳いで上がったところで訓練再開
近くで見れてもあんま嬉しくない
感動薄いなぁ……某空港滑走路の真横で仕事してるせいかなぁ……
いっぱい居た鳥
飛行機つまんなくて鳥追っかける俺

この後、もう一度フナウサギバナタ横の入り江に戻ったんだけど
既に満潮で波も高く、泳げる状態ではなくなっていた
こんなんだったら最初来た時にもっと泳いでいればよかった

宿に戻って食事
この宿、もともと空港用の宿舎なのでそこの食堂で飯を食べることになる

よって料理は普通。
つか、大阪航空局関連のせいか関西風……
関西風……
夜は星空撮りたかったんだけど雲が広がってきたので無理ぽい
残念。

宮古島ツーリング 第一章 ~気象庁まじめにやれ~

ホテルが無線LANタダで貸してくれたので接続できた
ソフトのインストに失敗してだいぶ苦労したけどな。

朝の段階まで明日からは天気持ち直す予定だったのに
朝の予報で週間天気予報一気に変更。
バカにしてんのか気象庁。


お昼まで仕事して関空で合流
関西空港ターミナル
……つか、ほんの数日前ココで仕事してたんだけど……
関空渡るとそれだけでマジ萎える

小豆島上空
小豆島上空にて。
淡路抜けるまでデジカメ使えないのがもったいないなぁ
大阪上空は快晴だったので景色最高だったんだけど。
晴れてたのは四国抜けるまで。九州~宮古島は海上もほとんど雲の海

曇ってたけど、宮古島へ降下中に見えた珊瑚礁はそれでも鳥肌モノに綺麗だった
降下中で写真取れなかったのが残念。
こういうときはフィルムカメラ欲しいな。

空港からはタクシーでバイク屋へ
旅の相棒
なんか10年選手っぽいレブル
小さすぎて乗りづらい……

そしていきなり道に迷う

地図のイメージよりはるかに狭いのな、この島。
おまけに幹線道路上に犬や猫が放し飼いになってるありさま
オソロシス

宮古島の繁華街?マジで?
何とかホテルへ到着
タクの運ちゃんの話じゃホテルの前の道が一番の街中という話だったのだけど
これで、か?

ソーキそばと島豆腐
夕食はホテルの近所の古謝本店でソーキそばと島豆腐を。
どっちもかなり美味。


こんな天気のせいか知らないけどあんまり暑くない。
雨のせいで蒸し暑いけど。十分エアコン無しですごせるわ。
天気は微妙だけど明日は伊良部&下地島へ。
……雨だけが心配……

宮古島ツーリング 序章 ~Standby,Ready~

明日はお昼から南の島へ

なんか前線の影響で雲が停滞してるんだよなぁ
晴れてくれればいいけど……

しかも帰ってきたら台風が本州接近予定=帰れるのか!?




それ以前にまだスタンバイできてないんですけどー
荷物が収まらない……orz

現実逃避の旅発動

予約入れました

あとは台風が来ないことを祈るのみ……

行き先は宮古島
9/3~6の4日間

移動はレンタルバイク(原付)でのんびり行こうかなぁと。

最新記事

栃木遠征ライドDay2 JCコース&大谷観光 2021/11/28
栃木遠征ライドDay1 宇都宮~金精トンネル 後編 2021/09/30
栃木遠征ライドDay1 宇都宮~金精トンネル 前編 2021/09/30

↓クリックヨロシクm(_"_)m

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

Karz

Author:Karz
FK7とPC40を駆る軟弱山ノボラー
キラ付け不要論者の呉鎮甲19提督
ホシくん団長(ID:348602132)

平均燃費記録

CIVIC 6MT 13.7km/L(18.6km/L)
CBR600RR 21.8km/L(25.4km/L)
※値は満タン法による、()は給油時最高記録

月別アーカイブ

Twitter

にほんブログ村

Powered By FC2ブログ